「Firefox 71」公開 ピクチャーインピクチャー機能やLockwiseの改善など

12月4日(水)13時50分 ITmedia NEWS

プレーヤー上のアイコンにカーソルを合わせると「ピクチャーインピクチャー」と表示される

写真を拡大

 米Mozilla Foundationは12月3日(現地時間)、Webブラウザ最新版となる「Firefox 71」をWindows、Mac、Linux向けに公開したと発表した。動画のピクチャーインピクチャー機能の追加などの幾つかの新機能と、セキュリティ関連の修正が行われた。
 ピクチャーインピクチャー(PIP)機能とは、動画再生画面をWebブラウザから分離してデスクトップで再生を続ける機能だ。ChromeブラウザやOperaなどには既に備わっている。
 Firefoxでは、例えばYouTubeで動画を再生し、プレーヤーにカーソルを置くと青いアイコンが表示されるので、これをクリックするとプレーヤー部分がFirefoxの外のデスクトップに移り、再生中の動画の続きがそのまま表示される。
 独立したプレーヤーの窓を閉じると、続きは元のWebページで再生される。
 この他、パスワード管理機能「Lockwise」がサブドメインも認識できるようになり、流出被害をチェックするツール「Firefox Monitor」のアラートがスクリーンリーダーに対応した。
 セキュリティ関連では、重要度が上から2番目の「High」7件を含む12件の脆弱性が修正された。
 なお、Firefoxのリリーススケジュールはこのバージョンから4週ごとになった。2019年9月から2020年9月のスケジュールは以下の通り。

ITmedia NEWS

「Firefox」をもっと詳しく

「Firefox」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ