囲碁ソフト大手が「国際AI囲碁協会」設立 AIが棋力を判定、棋士をレベルアップ

12月4日(水)12時35分 ITmedia NEWS

「国際AI囲碁協会」ロゴ

写真を拡大

 囲碁や麻雀などのゲームソフトを開発・販売するアンバランス(東京都千代田区)は11月29日、「国際AI囲碁協会」を設立した。AIが棋士のレベルを判定する「棋力判定システム」の開発や、AI技術を搭載した囲碁ゲームソフトの提供を通じ、棋士のレベルアップと囲碁の普及を目指す。
 同社は、強化学習とディープラーニング技術を活用した「最強の囲碁」などを展開している。AIによる「棋力判定システム」も開発中で、ユーザーの棋力向上のためアドバイスを行うという。より客観的な段位認定の仕組みも開発するとしている。
 今後はオンラインのイベントを開催する他、初心者から有段者までスキルアップを支援するオンラインツールも提供していく。

ITmedia NEWS

「囲碁」をもっと詳しく

「囲碁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ