ギガビット対応の無線LANルーター ファーウェイ

12月4日(水)14時30分 J-CASTニュース

スタイリッシュデザイン

写真を拡大

モバイル機器などを手がけるファーウェイ・ジャパン(東京都千代田区)は、同社初の無線LANルーター「WiFi WS5200」を2019年12月4日に発売。

障害物による速度低下を防ぐ「LDPCアルゴリズム」



ギガビット対応の家庭向けモデル。デュアル(2)コア800MHzプロセッサーと128MBメモリーを内蔵し、無線LANのパフォーマンスを向上させると同時に安定したデバイス接続を実現。



2.4GHzと5GHz信号を結合し、デバイスの設置場所に応じて、より高速な周波数に自動的に接続。インターネットを高効率に利用できるという。



4つの可動式アンテナを搭載。壁などの障害物による速度低下を防ぐ「LDPCアルゴリズム」の採用により、壁越しでも高速な無線接続を維持する。特定方向のデバイスに電波の送受信が可能な「ビームフォーミング」機能を備える。



IEEE802.11a/b/g/n/acに準拠。ギガビット有線LAN×3ポートを装備。最大接続台数は32。IPv6パススルー、ゲストWi-Fi、ペアレントコントロール、中継などの機能を備える。



カラーはホワイト。



市場想定価格は3180円(税別)。

J-CASTニュース

「無線LAN」をもっと詳しく

「無線LAN」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ