ソフトバンク、北米の教育機関などにPepperを100台以上寄付

12月4日(火)8時38分 マイナビニュース

ソフトバンクグループ(SBG)は12月4日、2018年11月から、Pepperを活用した教育プログラムが米国カリフォルニア州のサンフランシスコ統合学区(San Francisco Unified School District)や、マサチューセッツ州のボストン・パブリック・スクールズ(Boston Public Schools)で開始され、同グループは2021年9月まで、順次、台数および寄付先を拡大していくと発表した。台数は100台以上となる予定だという。

SBGは、2017年4月にロボットを活用して教育支援などを行う「Pepper 社会貢献プログラム」を日本で開始し、これまで2,000台以上のPepperを教育機関などに貸し出しており、1万7,000回以上の授業が実施されているという。

今回、同プログラムで培ったノウハウ・経験を米国やカナダの北米でも展開、ソフトバンクロボティクスアメリカと協力して、この取り組みを実施していく。

マイナビニュース

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ