ジブリ作品のデジタル販売解禁、北米で - ラピュタなど21作品

12月4日(水)18時18分 マイナビニュース

スタジオジブリのアニメーション作品が、12月17日から米国とカナダでデジタル販売を開始する。ジブリ作品のデジタル販売は初。価格はHD画質で1作品19.99ドル。Apple TVやAmazon、Google Play、Sony、Microsoftといった主要なプラットフォームで、日本語版・英語版の両方を提供する。

北米でジブリ作品の販売代理店を務める、米アニメ配給会社「GKIDS」が配給を担当。販売される作品は下記の21作品(カッコ内は原題)。

「ハウルの動く城」「魔女の宅急便」「となりのトトロ」「崖の上のポニョ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」を同梱した6作品バンドル版も、99.99ドルで販売される。

Castle in the Sky(天空の城ラピュタ)
The Cat Returns(猫の恩返し)
From Up on Poppy Hill(コクリコ坂から)
Howl’s Moving Castle(ハウルの動く城)
Kiki’s Delivery Service(魔女の宅急便)
My Neighbor Totoro(となりのトトロ)
My Neighbors the Yamadas(ホーホケキョ となりの山田くん)
Nausicaä of the Valley of the Wind(風の谷のナウシカ)
Ocean Waves(海がきこえる)
Only Yesterday(おもひでぽろぽろ)
Pom Poko(平成狸合戦ぽんぽこ)
Ponyo(崖の上のポニョ)
Porco Rosso(紅の豚)
Princess Mononoke(もののけ姫)
The Secret World of Arrietty(借りぐらしのアリエッティ)
Spirited Away(千と千尋の神隠し)
The Tale of The Princess Kaguya(かぐや姫の物語)
Tales From Earthsea(ゲド戦記)
When Marnie Was There(思い出のマーニー)
Whisper of the Heart(耳をすませば)
The Wind Rises(風立ちぬ)[2020年Q3で追加]

なお、ワーナーメディアが2020年5月に開始する新ストリーミングサービス「HBO Max」は、ジブリ作品をストリーミング配信する独占契約をGKIDSと結んでいる。

マイナビニュース

「ジブリ」をもっと詳しく

「ジブリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ