クアルコムが「Snapdragon 865」発表、2020年の5Gハイエンドスマホに

12月4日(水)13時50分 マイナビニュース

Qualcommは12月3日(米国時間)、新たな高性能スマートフォン向けSoC「Snapdrgaon 865」を発表した。シャオミとOPPOが次期ハイエンドスマホでの搭載を計画しているという。登場時期は2020年前半となる見通し。

Snapdrgaon 865ではAI性能が強化され、従来のSnapdragon 855と比べ2倍のAI処理に関する計算能力を持つという。なお、5GについてはSnapdrgaon 865のSoCとは別途、5Gモデムの「Snapdragon X55 5G Modem」チップを接続して利用する。

あわせて、"普及帯のなかでも高性能な"のスマートフォン向けSoCとして、「Snapdragon 765」と「Snapdragon 765G」も発表された。最も注目すべきは、5GモデルをSoCの中に統合した「1チップ」SoCであること。上位の865と同世代のAIエンジンを備え、高いAI性能も特長という。765Gは、765のゲーム性能強化版とされ、恐らくGPUのスペックが異なると見られる。

なお、今回はこれらSoCについて、市場で登場する時期や5Gへの移行など概要が発表されただけで、より詳細な機能・性能などは説明がなかった。Qualcommは本日から米国ハワイ州でテクノロジーカンファレンスを開催しており、詳細はその中で明かされるものと見られる。

マイナビニュース

「クアルコム」をもっと詳しく

「クアルコム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ