アシスト、AEDANを利用した「申請不備チェックソリューション」提供

12月4日(水)14時17分 マイナビニュース

アシストは4日、同社のエンタープライズRPA「AEDAN(Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN/えいだん)」を利用した「申請不備チェックソリューション」の提供を開始することを発表した。

AEDANは、推論型AI「Progress Corticon」を中核に据えて、人による判断の自動化により既存の業務自動化領域をさらに拡大し、組織における真の生産性向上を実現するフレームワークとソリューション。

AEDANを用いた「申請不備チェックソリューション」では、データ化された申請情報に対しルールベースAI「Progress Corticon」がチェックルールに基づいた判断を自動で行う。また、データ連携ツール「DataSpider Servista」により、データ化された申請情報を「Progress Corticon」が判断しやすいように加工したり、RPAツールがシステムに登録しやすい形式へデータ加工する。

また、AEDANによって、従来は一部に留まっていた業務の自動化を申請業務全般に広げ、手作業の大幅な軽減だけでなく、1件ごとの処理時間の短縮も可能になるということだ。

同社では同ソリューションを活用することで、これまで人手が必須であった業務から担当者を解放でき、「働き方改革」にも貢献するとしている。

マイナビニュース

「申請」をもっと詳しく

「申請」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ