電熱ヒーター内蔵! 史上最“暖”、チートレベルの「ダメ着4GWヒーター」

12月4日(金)13時37分 マイナビニュース

ビーズは、ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」より、全身フルカバー着る毛布『ダメ着』の新モデルを発売する。

凍えるゲーマーの全身をぬくもりで包み込む、禁断の人型着る毛布「ダメ着4G」。今回発売されるのは、USB給電式電熱ヒーターを搭載したモデルだ。

その名も「ダメ着4GWヒーター」。従来モデルでは対応しきれない寒冷地での使用を想定した、シリーズ史上最“暖”のダメ着が誕生する。「PCのためにも暖房はつけたくない」という本格派ゲーマーにもうれしい。

「ダメ着4GWヒーター」には、市販のモバイルバッテリーから給電できる電熱ヒーターを2口搭載。肩・腰・背中・お腹に発熱部を配置し、上半身の広い範囲をカバーする。ヒーターの温度は3段階(低:約35度、中:約45度、高:約55度)で調節でき、容量5000mAhのバッテリーを使用した場合、高温運転で約2時間の連続使用が可能だ。

スイッチを入れると、約5秒で感熱し、4分ほどでヒーター全体が温もるパワフル設計。人型デザインの着る毛布が熱を逃さず密閉し、効率よく身体をあたためる。

ゲーム操作時の動きやすさが求められる上半身には、フリース一重構造×電熱ヒーターを採用。もたつきにくさ&暖かさを両立した。下半身は贅沢な二重構造で、足元もしっかり保温。冷えやすいつま先まで、ぬくもりで優しく包み込む。

もちろん、最新の「着たままトイレシステム6.0」も搭載する。スムーズな尻出し&尻片付けを実現するファスナーで、トイレ離脱の時間を最小限に抑えることが可能だ。

そのほか、アジャスター付きゴム、ゆったりフード、フリーフットシステム5.0、ショートスリーブボタンなども、新しいゲーミング着る毛布「ダメ着4G」と同様の設計。ゲームスタイルに合わせて手指の露出度を調整できる「可変ミトン」や多機能フード「ヘッドギア」の機能も搭載する。

フリース生地の性質上、引火しやすいので、タバコ、ヒーター、コンロなど火気のそばでの使用は厳禁だ。モバイルバッテリーを外していること、接続コードをポケットに入れた状態であることを、確認したうえであれば、洗濯機での丸洗いも可能。ただし、濡れた状態での使用はNG。

サイズはM(推奨身長155〜165cm)/L(推奨身長165〜175cm)/XL(推奨身長175〜185cm)の3つ。市場想定価格はM/Lサイズが19,800円(以下すべて税別)、XLサイズが21,600円。

マイナビニュース

「ヒーター」をもっと詳しく

「ヒーター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ