Xilinx、統合ソフトウェアプラットフォーム「Vitis」の無償提供を開始

12月5日(木)6時0分 マイナビニュース

Xilinxは、10月に発表した統合ソフトウェアプラットフォーム「Vitis(バイティス)」と、Vitisに対応する最適化済みオープンソースライブラリの無償提供を開始したことを明らかにした。

VitisはソフトウェアエンジニアやAIサイエンティストなど、FPGAを活用してソフトウェア処理の高速化などを可能とする包括的なコア開発キット。ソフトウェア開発者が通常利用しているツールにプラグインするだけで、Xilinxのハードウェア向けに最適化されたオープンソース ライブラリ各種を利用できる。また、開発者サイトを通じて、サンプルデザインやチュートリアル、資料などの提供が行われる。

なお、Xilinxでは同プラットフォームの重要なコンポーネントとして、XilinxのFPGAやアクセラレータカード「Alveo」などにおいてAIの推論処理を高速化することを可能とする開発環境「Vitis AI」も無償ダウンロードを同社サイト内で開始している。

マイナビニュース

「ソフトウェア」をもっと詳しく

「ソフトウェア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ