チケット売買サイト「チケットキャンプ」がサービスを一時停止 商標法違反・不正競争防止法違反の容疑

12月7日(木)19時10分 BIGLOBEニュース編集部

画像は「チケットキャンプ」スクリーンショット

写真を拡大

ミクシィは7日、子会社のフンザが運営するチケット売買サイト「チケットキャンプ」のサイト上の表示について、商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で捜査を受けたとして、サービスを一時停止すると発表した。


捜査を受けフンザは、「チケットキャンプ」での新規出品や新規会員登録、新規購入申し込みの一時停止を決定。7日以降、各機能の一時停止を速やかに進めるとしている。また、現時点で「チケットキャンプ」に出品済で取引が開始されていないチケットについては、「チケットキャンプ」側で出品取り下げの手続きを行う。サービスの再開時期は未定となる。


ミクシィは、この事態を厳粛に受け止めるとして、事実の確認と原因究明のため外部の弁護士を交えた調査委員会の設置を決定。委員会の構成や調査結果の公表日程などについては、決まり次第知らせるとしている。


容疑の詳細は明らかにしていないが、「チケットキャンプ」に対してはこれまでもチケット高額転売の温床になっているとの指摘が寄せられていた。チケットの不正購入や高額転売を巡っては、イープラスがSMS認証、チケットぴあが電話番号認証を導入。音楽業界は公式のチケットトレードリセール「チケトレ」を開設し、「ヤフオク!」は転売目的で入手したチケットを出品禁止物に指定している。「チケットキャンプ」も今月に入り、転売目的のチケット売買の規制強化を打ち出したばかりだった。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

チケットキャンプをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ