チケットキャンプ、サービス一時停止 商標法など違反の疑い

12月7日(木)18時41分 ITmedia NEWS

 ミクシィは12月7日、子会社のフンザが運営するチケット売買サービス「チケットキャンプ」のサイト上の表示について、商標法違反・不正競争防止法違反の容疑で捜査当局の捜査を受けたと発表した。チケットキャンプでの新規出品、購入申し込みなどを一時停止する。「再開のめどは未定」(ミクシィ広報担当者)という。
 チケットキャンプは、専用アプリ(iOS/Android)やWebサイト上で、ユーザー同士が公演チケットを売買できるサービス。ITmedia NEWSの取材に対し、同社の広報担当者は「容疑の内容など、詳細については捜査当局が捜査中のため、コメントを控える」としている。
 事実確認や原因究明のため、外部弁護士を交えた調査委員会を設置する。委員会の構成、調査結果の公表日などは「決定次第、速やかに告知する」としている。
 チケットキャンプでの新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止する。各機能の一時停止は、7日から「速やかに進める」(同社)。現時点でサイト上に出品されているが、取引が始まっていないチケットは、チケットキャンプ運営事務局が出品取り下げの手続きを行う。出品済みのチケットで取引が進行しているものは、取引が完了するまでサービスを提供する方針。
 業績への影響は、確定し次第、発表するとしている。「チケットキャンプをご利用の皆さまをはじめ関係者の皆さまに、大変なご迷惑とご心配をおかけいたしましたこと、あらためて深くおわび申し上げます」(同社)

ITmedia NEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

チケットをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ