平面磁界駆動型のイヤフォン、Unique Melodyから

12月8日(金)18時2分 ITmedia LifeStyle

「ME1」

写真を拡大

 ミックスウェーブは12月8日、Unique Melodyブランドの新型イヤフォン「ME1」を発表した。カスタムIEMで知られる同ブランドだが、今回の新製品は特殊なドライバーを搭載したユニバーサルフィットタイプ。イヤフォンでは珍しい平面磁界駆動型のドライバーを採用している。
 平面磁界振動型は、一般的なダイナミック型ドライバーやバランスド・アーマチュア型ドライバーとは構造から大きく異なる。振動板の代わりに空気を動かすのは、厚さわずか16μmの磁気フィルム。その前後に計12本のネオジウム磁石を設け、磁力で前後に駆動する仕組みだ。ごく薄いフィルムのため、「微細な音信号でも振動(音波)に変換し、より高い解像度、情報量を再現できる」という。ME1の再生周波数特性は10〜4万Hz、インピーダンスは32Ω。
 また製造に3Dプリンターを積極的に使用している点も特徴。ドライバーに設けられた金属製の格子は、クローム合金やアルミニウムを用い3Dプリンターで製造したもの。音導管やフェイスプレートの製作にも3Dプリンターで作られたアルミ製部品を使用しているという。
 ケーブルは着脱式で、独自の凸型2pin端子を採用。導体は5N銀メッキ無酸素銅と6Nの無酸素銅を組み合わせたハイブリッド仕様とした。ケーブル長は約1.2m、プラグは3.5mmステレオミニとなっている。
 ME1は12月13日に発売予定。希望小売価格は10万6000円(税別)。

ITmedia LifeStyle

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドライバーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ