日産、カーシェア参入 来年1月スタート EV「リーフ」など活用

12月8日(金)18時56分 ITmedia NEWS

 日産自動車は12月8日、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」を2018年1月15日に始めると発表した。まず東京都や大阪府など9都府県、約30カ所に電気自動車(EV)「リーフ」や「ノート e-Power」を配備。対象車種やエリアを順次拡大する。リーフが搭載する自動運転技術、EV性能を体感してもらう狙い。
 Webサイトで「個人入会」を選び、氏名、連絡先、クレジットカードや運転免許証などの情報を登録。以降は、スマートフォンなどで予約できるようにする。乗車時はクルマの一部に免許証をかざすとドアが開く仕組みを導入する。入会費は無料。
 車両には、高速道路上の単一車線で先行車を追従するなどレベル2に相当する自動運転技術「プロパイロット」などを搭載。ドライブレコーダーも全車に備える。
 料金プランは、ショートタイム(15分当たり200円)、6時間パック(3500円)、12時間パック(5500円)、24時間(6500円)、アーリーナイト(午後6時〜午前0時、2000円)、レイトナイト(午前0〜6時、2000円)、ダブルナイト(午後6時〜翌日午前6時、2200円)、ビジネスナイト(午後5時〜翌日午前9時、2500円)を用意する。月額料金は18年7月末まで無料にする。
 日産の広報担当者は「若者の“クルマ離れ”などがある中、クルマの魅力を伝える手段の1つとしてカーシェアがある」と話す。機能を体感してもらい、需要を喚起する狙いもある。
 交通エコロジー・モビリティ財団の調査(2017年3月)によれば、国内のカーシェア駐車場数は1万2913カ所(前年比20%増)、車両台数は2万4458台(同24%増)、会員数は約108万人(同28%増)に成長。17年11月には、NTTドコモがオリックス自動車などと組んで「dカーシェア」を始めるなど異業種も参入している。

ITmedia NEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

リーフをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ