ASUS、約14.6時間バッテリ駆動する10.1型タブレットPC「TransBook Mini」

12月8日(金)17時10分 マイナビニュース

ASUS JAPANは12月8日、キーボードが脱着可能な10.1型タブレットPC「TransBook Mini」など、TransBookシリーズ2製品を発表した。12月9日から順次発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は税別45,800円前後から。

ラインナップは、前モデルより長い約14.6時間のバッテリ駆動時間を実現する「TransBook Mini T103HAF」と、4つのスタイルで使える「TransBook T101HA」の2製品。
○ASUS TransBook Mini T103HAF

「ASUS TransBook Mini T103HAF」は、キーボードが脱着できる10.1型タブレットPC。12月15日に発売する。店頭予想価格は54,800円前後。

画面サイズは10.1型で、液晶には1,280×800ドット解像度のタッチ対応光沢(グレア)パネルを採用。前モデルのバッテリ駆動時間は約11.3時間だったが、約14.6時間のバッテリ駆動時間に改善されている。イラスト描きなどに使えるよう、付属品としてASUS Penが同梱されている。

主な仕様は、CPUがIntel Atom x5-Z8350(1.44GHz)、メモリがLPDDR3-1600 4GB、ストレージがeMMC 64GB、グラフィックスがIntel HD Graphics 400(CPU内蔵)など。OSはWindows 10 Home 64bit。

通信機能はIEEE802.11ac/a/n/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1。インタフェース類はUSB 3.0×1、microUSB×1、microHDMI×1、192万画素Webカメラなど。本体サイズと重量は、タブレット時がW261×D172×H10mmと約620g、キーボードカバー装着時がW262×D173×H15.7mmと約870g。

○ASUS TransBook T101HAシリーズ

「ASUS TransBook T101HA」は、用途に応じてOffice Mobileを選択できるモデル。Office Mobileプラス365サービスとeMMC 64GBを搭載する「T101HA-G64S」と、Office Mobileを搭載しeMMC 128GBを搭載する「T101HA-G128」の2モデルを用意する。ともに12月9日に発売し、店頭予想価格は45,800円(税別)。

基本スペックは上記の「ASUS TransBook Mini T103HAF」とほぼ同等で、相違点はバッテリ駆動時間が最長13時間であることなど。本体サイズと重量は、タブレット時がW261×D175×H9mmと約580g、キーボードカバー装着時がW261×D175×H20mmと約1,080g。ASUS Penは付属しない。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ASUSをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ