「きららファンタジア」、アプリ配信直後から「メンテ地獄」 ファン「いつまで経っても遊べない」

12月12日(火)19時43分 J-CASTニュース

アプリ配信開始のプレスリリースも出ている(C)芳文社/きららファンタジア製作委員会

写真を拡大

2017年12月11日朝に配信が始まったスマホ用ゲームアプリ「きららファンタジア」をダウンロードしたユーザーから、「いつまで経っても遊べない」との悲鳴がネット上にこだましている。

このアプリは、漫画雑誌「まんがタイムきらら」(芳文社)の人気キャラクターが登場するRPG。サービス開始前の事前登録数が70万人を超えるなど、雑誌のファンを中心に大きな期待を集めていた作品なのだが......。



サービス開始2時間で「緊急メンテナンス」



アプリの配信がスタートしたのは11日朝7時ごろ。しかし、その約2時間後の9時15分頃から「緊急メンテナンス」が始まり、ゲームを満足に遊べない状況がほぼ丸1日続くことになったのだ。



11日夜に公式サイトに掲載されたお詫び文によれば、要因は「アクセス集中に伴うデータベースサーバーの負荷上昇」。同日昼には一時ゲームにログインできる環境が整ったというが、19時30分頃に再び緊急メンテナンスに入った。



お詫び文では、負荷上昇を避けるために「大幅にプログラムの改修などを含めた対応を検討、実施中」などと説明。「スタッフ一同、一刻も早く皆様に『きららファンタジア』を楽しんでもらえますよう、全力で対応にあたっております」としていた。



しかし、アプリの公式ツイッターでは翌12日昼、



「メンテナンス作業は引き続き実施中ですが、本日中の復旧目処が立っておりません」


との告知があった。実際、同日19時時点でも、ゲームにはログインすらできない状態となっている。



なお、このツイートでは、復旧のスケジュールについても改めてアナウンスすると説明。その上で、「ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、引き続きお待ち下さい」と訴えていた。



「取材をお受けできる体制が整っていません」



「ひだまりスケッチ」や「きんいろモザイク」など、人気漫画作品のキャラクターが登場することで注目度の高かったアプリだけに、配信開始を待っていたユーザーからは不満が噴出。ツイッターやネット掲示板には、



「きららファンタジアいつまで経っても始まらない」

「結局、今日ログイン出来ねぇよのかよ...最悪だよ」

「メンテ地獄か...そろそろ始めさせて...」

「いつになったら終わるんだろう?明日もメンテかな」


との投稿が相次ぐことに。なかには、「開発チームの皆さん......頑張って」「とんでもない修羅場なんだろうな」などと開発側に同情的な声すら出ている。



ただ一方で、運営側が告知した「お詫びアイテム」の配布方法をめぐる騒動も起きていた。当初、メンテナンス開始前にプレーを始めたユーザーだけを配布対象にするとの告知があったため、



「メンテでログインできないのに、ログインできた時間で詫び石(編注・お詫びとして配られるゲーム内アイテムなどを指す)格差つけるとか」

「あのクソ短い時間にログインできた人だけに詫び石配るとか早くもクソ運営認定しそう」


との怒りの書き込みがネット上に殺到する事態になったのだ。



こうした批判を受けてか、運営側は11日夜に発表したお詫び文の中で、



「この度の緊急メンテナンスによりご迷惑をおかけした補填につきましては『きららファンタジア』を心待ちにされていたすべての皆様に対し、ゲームの開始状況やアカウントの作成状態にかかわらず一律になりますよう配布させていただきます」


と改めて告知していた。



なお、J-CASTニュースは12日夕、今回の騒動についてアプリ開発会社のドリコム(東京都目黒区)に電話で取材を申し入れたが、通話に出た女性は、



「『きららファンタジア』の件に関しましては、現在取材をお受けできる体制が整っていません」


と話していた。

J-CASTニュース

「アプリ」をもっと詳しく

「アプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ