日本エイサー、堅牢・テンキー・長時間バッテリーの15.6型Chromebook

12月12日(木)14時4分 マイナビニュース

日本エイサーは12月12日、法人・文教市場向けの15.6型Chromebookとして、「CB315-3H-F14N/E」と「CB715-1WA38P/E」の2モデルを発表した。ともに2020年1月23日に発売する。
○CB315-3H-F14N/E

CB315-3H-F14N/Eは、Chrome OSを搭載する15.6型モデル。WebカメラはHDR対応で720p撮影が可能。画角も75度あり使いやすい。ディスプレイは解像度が1,366×768ドットの非光沢仕様。キーボードはテンキーを搭載する95キー英語配列となっている。

主な仕様は、CPUがIntel Celeron N4000(1.1GHz)、メモリがLPDDR3-3,733MHz 4GB(最大4GB)、ストレージが32GB eMMC、グラフィックスがIntel UHD Graphics 600(CPU内蔵)。OSはChrome OS。

ネットワークは、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 5.0。インタフェースは、USB 3.1 Type-C Gen1×2、USB 3.0×2、microSDメモリーカードリーダーなど。バッテリ駆動時間は約12.5時間。本体サイズは約W366.35×D250.5×H30mm、重量は約1,630g。

○CB715-1WA38P/E

CB715-1WA38P/Eは、米軍用規格「MIL-STD 810G」準拠の耐衝撃設計モデル。本体にはアルミニウムを使用し、60kgの負荷に耐えるほか、122cmの高さから落下しても衝撃を吸収して内部のパーツを保護する。

キーボードはテンキー搭載の95キー英語配列で、ディスプレイは解像度が1,920×1,080ドット(フルHD)で非光沢仕様。タッチパッドもCorning Gorillaガラスで保護している。

主な仕様は、CPUがIntel Core i3-8130U(2.2GHz)、メモリがDDR4-2,666MHz 8GB(最大8GB)、ストレージが64GB eMMC、グラフィックスがIntel UHD Graphics 620(CPU内蔵)。OSはChrome OS。

ネットワークは、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0。インタフェースは、USB 3.1 Type-C Gen1×2、USB 3.0×1、microSDメモリーカードリーダーなど。バッテリ駆動時間は約12時間。本体サイズは約W366.35×D248.6×H17.9mm、重量は約1,750g。

マイナビニュース

「Chrome」をもっと詳しく

「Chrome」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ