iPhoneに「TABキー」ってないの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

12月12日(木)7時0分 マイナビニュース

パソコンのキーボード左端に「TABキー」があること、ご存知ですよね。知らない? Macなど一部のパソコンでは、「→|」などと記号が描かれているだけですから、知らずしらずのうちに利用していたかもしれませんね。ちなみに、TABキーは特殊な役割を持つキーで、数文字の空白(実際には制御文字コード)を挿入したり項目間を移動にしたりするときに利用されます。

そのTABキーですが、iPhoneのソフトウェアキーボードには存在しません。外付けキーボード(Bluetoothキーボード)を用意するか、タブを挿入する機能を備えたアプリを利用すれば、とりあえず問題は回避できますが、パソコンのキーボードのようなわけにはいきません。

TABキーを使う目的が数文字の空白を挿入することであれば、いくつか代替策があります。そのひとつが、TABを含む文書からのコピー&ペースト。パソコンで作成したTABを含む文書をiPhoneで開き、TABの部分を範囲選択してコピー、目的の文書へペーストすればいいのです。手間がかかりそうですが、「メモ」などiCloudで同期できるアプリを使えばかんたんです。

もうひとつ、音声入力機能を利用する方法もあります。TABを挿入したい位置にカーソルを移動し、そこでソフトウェアキーボードの右下にあるマイクボタンをタップ、iPhoneに向かって「タブキー」と言えばいいのです。滑舌が悪いと「歌舞伎」などと入力されてイラつくことになりますが、事前準備なしに利用できるところがメリットです。

なお、音声入力は『設定』→「一般」→「キーボード」にある音声入力スイッチをONにしていないと機能しません。音声入力言語の設定次第では、思わぬ単語が入力されることもあるので注意しましょう。

マイナビニュース

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ