BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

人間のウンチから「原油」をつくる技術が話題—米国立研が実用化へ

インターネットコム12月12日(月)17時20分
画像:PNNLの発表した資料画像
写真を拡大
PNNLの発表した資料画像
画像:企業が発表した資料画像
写真を拡大
企業が発表した資料画像

夢の技術?

人間の排泄物から原油によく似たバイオ燃料を効率よく作れるという技術を、米国エネルギー省傘下のパシフィック・ノースウエスト国立研究所(PNNL)が発表し、インターネット上で話題になっている。

PNNLの技術は11月初旬に公開になったものだが、12月に入って米国のニュースサイト ArsTechnicaやNewsweekなどが相次いで取り上げ、あらためて注目の的になっている。

PNNLはこの技術によって「いたるところにある下水処理場がバイオ燃料を生産する施設になる可能性がある」と説明している。

核となるのは「水熱液化」という手法で、下水に高圧と高温をかけて変化させる。地球が原油を作り出した地質条件を模倣しつつ、自然環境のもとで数百万年かかる過程を、人為環境のもとでは数分で完了できるという。

できあがるのは地面から汲み上げた原油とよく似た物質で、ただし少量の水と酸素が混じっている。この物質は従来の石油精製と同じ流れで加工できるのが長所だ。

下水は従来、あまりにも水分が多いため、乾燥させるためにコストがかかりすぎ、バイオ燃料の素材には向かないとの評価があったが、PNNLの手法であれば乾燥が不要。農業廃棄物などからバイオ燃料を作る際にも役立つそう。


Genifuelが公開している試作品の写真

PNNLは、ユタ州の企業のGenifuelにこの技術をライセンス供与している。Genifuelはカナダのメトロバンクーバー行政区の処理場で2017年にも必要な装置の設計、製造を行い、2018年に稼働を開始する計画だ。

ただ燃料を作り出せるだけでなく、ほかの化学製品も生産できるはずだと、PNNLは主張する。肥料に必要なリンなどだ。

こうした技術が期待したような成果や効率を得られるかどうかは分からないが、日本でも新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が下水汚泥から水素を回収する試みに力を入れているなど、排泄物から資源を手に入れようという考えは政府を惹きつけてやまないようだ。
Copyright 2016 internetcom K.K. (Japan) All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

ITトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「人間」「原油」「話題」「バイオ燃料」の関連トピックス

「人間」をもっと詳しく

注目ニュース
ドコモの「Xperia XZ Premium」が「iPhone 7」を抑え、初登場1位 ITmedia Mobile6月24日(土)6時0分
2016年9月16日の発売以来39週も続いていた、「iPhone7」の総合ランキング連続トップがついに止まった。[ 記事全文 ]
8人に1人がスマホでレポートを書く一方でPC所持率は9割 「若者のPC離れ」に踏み込む調査結果が興味深い ねとらぼ6月26日(月)7時30分
「イマドキ大学生のパソコンに関する意識調査」を、IT機器リサイクル事業のリングローが公表しました。[ 記事全文 ]
「ポケモンGO」の「わざマシン」を使ってみた ITmedia LifeStyle6月25日(日)17時56分
6月23日(金)、「PokemonGO」(以下、ポケモンGO)に「レイドバトル」が導入されました。[ 記事全文 ]
死刑囚、薬物投与でなく銃殺による死刑を希望。その理由は? lifehacker6月1日(木)7時0分
ギズモード・ジャパンより転載:薬殺刑はスムーズに死ねないイメージが定着。ここ数年、アメリカでは薬殺刑に使われる薬物がすぐに効かず、長時間苦…[ 記事全文 ]
京大、二酸化炭素分離の処理量や精度、コスト面に優れたフィルターを開発 マイナビニュース6月26日(月)12時45分
京都大学高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)は、MOFというナノサイズの粒子を、PIM−1という高分子材料に適切な条件で添加…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア