メガドライブとファミコン向けの新作リズムゲームが発売するって!?

12月14日(金)7時0分 GIZMODO


181213_rithmland
Image: コロンバスサークルプロモーション/YouTube

コンソール本体、まだ持ってますか?

1988年から1995年まで製造されていた、セガの「メガドライブ」。そして1983年から2003年まで製造されていた任天堂の「ファミリーコンピュータ」に向けて、2019年2月に新作ゲームが発売されることになりました。

AKIBA PC Hotline! によりますと、メガドラ用ソフトは『16ビットリズムランド』で、ファミコン用は『8ビットリズムランド』。開発したのは、ゲームの周辺機器やグッズなどを製造販売しているコロンバスサークルで、いずれも、ライセンス製品ではないそうです。というか、作れちゃうんですね。

ジャンルはどちらもコンソール初のリズムゲー。楽曲を手掛けたメンツがもうすごくて、ゲーム音楽界のレジェンドを中心に、現在チップチューン界で活躍するアーティスト達。たとえば『ドルアーガの塔』や『源平討魔伝』、『真・女神転生』、『ギャラガ』、『イース』、『大魔界村』、『メタルギア2』、『怒首領蜂』といった往年の超名作を手掛けた方々が参加しています。

まずはゲーム画面と、作曲家たちのそうそうたる名前をチェックしてみてください。

どちらのソフトも4種類のミニゲームと全20曲が収録され、8ビットならPSG音源で、16ビットならFM音源で音楽がお楽しみいただけます。デジャヴを憶えるグラフィックもおっさんホイホイですが…やはりリズムゲーだけあって、参加ミュージシャンたちの新曲が気になりますよね。

『16ビットリズムランド』は税抜き5,980円、『8ビットリズムランド』は税抜き4,980円という、価格帯もレトロな感じ。初回出荷版は、限定特典としてゲーム内の楽曲を収録した「サントラCD」も付いてきます。

今の時代、ニンテンドースイッチ向けにインディーズで出したほうが売れるでしょうに、わざわざ押入れに眠っているような機器向けにリリースするだなんて、愛を感じますよね。プレイできる環境がある方々はぜひ!

Source: YouTube via AKIBA PC Hotline!, Columbus Circle

GIZMODO

「ドライブ」をもっと詳しく

「ドライブ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ