車のヘッドライトの黄ばみやくすみをクリアにし、1年持続させるキット

12月27日(金)17時45分 GIZMODO


20191202_450_1
Image: Amazon.co.jp

ライフハッカー[日本版]からの転載

人生で2番目に高い買い物と言われる、自動車。

新車で購入したら、大切に長く乗りたいものですよね。しかし、そんな気持ちとは裏腹に、傷がついたり、汚れがついたり、残念ながら思い通りにはいきません。

とりわけ私が気になっていたのが、ヘッドライトの黄ばみ。洗車をしてもモヤモヤっとくすんだまま、まったく取れないのです。

仕方がないものだと諦めていましたが、シーシーアイ(CCI)の「スマートシャイン ヘッドライトコート」なら、手軽に解決できそうなことがわかりました。

洗っても落ちない黄ばみやくすみを落とせるImage: Amazon.co.jp ヘッドライトのくすみや黄ばみの主な原因は、素材のポリカーボネイトの表面が紫外線で劣化すること。つまり汚れではないため、洗剤をつけてこすっても、落ちるものではありません。

しかし、シーシーアイ(CCI)の「ヘッドライトコート」なら、くすみや黄ばみを落とせるだけでなく、1年間もクリアな状態を持続させられるとのこと。

商品のポイントと使用の手順Image: Amazon.co.jp 2種類の研磨ペーパーで表面を削るため、劣化した黄ばんだ部分を取り除けるのがポイントです。

手順は、まずヘッドライト表面の汚れを洗浄して乾かしてから、ヘッドライトの周囲を傷つけないようにマスキングテープを貼ります。

次に、研磨パッドに粗目の研磨ペーパーを巻き付けて、ヘッドライトを水で濡らしながらこすります。黄ばんだカスがでなくなり、全体が白くなるまで磨きましょう。

それから、研磨パッドに仕上げ磨き用の研磨ペーパーを巻き付けて、同様に水で濡らしながら研磨します。このとき、ヘッドライトは白く曇った状態になりますが、仕上げにコート剤を重ね塗りして乾燥させると、クリアなヘッドライトがよみがえるとのこと。

注意点としては、行ったあとは1週間、洗車をしないでください。

1年もクリアな状態が持続する理由Image: Amazon.co.jp ちなみに、コート剤には特殊UVカットポリマーが配合されているため、クリアな状態を長時間維持できるそうです。

自宅でできる手軽さもさることながら、使うのはたった年1回で良さそうなところにも惹かれるアイテム。

大掃除の時期はもうすぐですね。車のヘッドライトもピカピカにして、気持ちよく新年を迎えましょう。それに、自転車のライトに使うのも良さそうです。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。


alt="シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコート W-138" src="https://m.media-amazon.com/images/I/51d5x17HomL.jpg">

シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコート W-138

1,286円


src="http://assets.media-platform.com/gizmodo/btn_buybox.png" alt="購入">


Source: Amazon.co.jp

GIZMODO

「Amazon」をもっと詳しく

「Amazon」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ