iPhoneを「ミュート」したいのですが? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

12月27日(金)15時10分 マイナビニュース

ミュートとは、音を出さない・無言の状態を意味します。テレビやオーディオ機器の音を消すこと、特に音量を段階的に下げるのではなく一瞬で消音する機能を指してミュートといいますが、最近ではSNSで特定人物の発言を目に入らないようにする設定もいうようになりました。

iPhoneをミュートしたいということは、iPhoneの内蔵スピーカーから出る音をただちに止めたい状況にあると推測されます。考えられるのは「電話の着信音」、「通知などの効果音」、「一般的なアプリが出す音」でしょうか? その前提で、iPhoneのミュート機能を整理してみましょう。

まず、iPhoneにおけるミュートの基本は「マナーモード」にすること。本体左側面の上部、音量ボタンの上にあるサイレントスイッチを下へ押し込めば、iPhoneは音を出さなくなります。以降、電話の着信音、メールや通知が到着したときの音、一般的なアプリが出す音は、内蔵スピーカーから聞こえません。

このサイレントスイッチは、内蔵スピーカーから出る音が一瞬で止まる以外の副作用がありません。電話の着信があったとき、呼び出し音を止める目的で使用しても相手は気付きませんし、ゲームアプリの効果音を急いで消すときにもゲームの進行に影響はありません。

ただし、例外がいくつかあります。それは「時計アプリのアラーム」と「カメラアプリのシャッター音」、そして「音楽系アプリの再生音」です。これらのアプリは、サイレントスイッチの状態に関係なく音が出るため、ただちにミュートすることができません。

イヤホンやBluetoothオーディオの音も、サイレントスイッチの管轄外です。大至急ミュートする場合は、ボリュームボタン(下)を押し続けるか、コントロールセンターやロック画面に表示される(再生コントロールの)一時停止ボタンをタップして再生を中止しましょう。

マイナビニュース

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ