スマホは「時刻合わせ」しなくていいの? - いまさら聞けないAndroidのなぜ

12月28日(土)15時54分 マイナビニュース

はい、スマートフォンはAndroid/iPhoneの別なく、基本的に時刻合わせは必要ありません。契約している通信キャリアのSIMカードを挿しモバイル回線に接続していれば、かなり正確な時刻を刻み続けます。スマートフォンとして持ち歩いているだけでよく、いわゆる"時計が狂う"こともありません。

それは、現在流通しているスマートフォンのほとんどが「NITZ(Network Identity and Time Zone)」に対応しているためです。NITZとは、現在時刻やタイムゾーンなどの情報を基地局経由で提供する規格で、通信キャリアにより提供されます。NITZを提供する通信キャリアの回線に接続していれば、定期的に時刻合わせが行われるため、メンテナンスの必要がありません。かつては通信キャリアによって対応の有無に差がありましたが、2019年現在本邦3大キャリアすべてが提供しているため、MVNOを含めどの回線もNITZに対応しています。

NITZによる時刻合わせは、Android OSでは『設定』→「システム」→「日付と時刻」にある「日付と時刻の自動設定」スイッチ、iOSでは『設定』→「一般」→「日付と時刻」にある「自動設定」スイッチをオンにすれば有効になります。スイッチをオフにしていると、NITZが提供する時刻情報を参照しなくなるため、しばらく使ううちに現在時刻がズレてきます。

なお、NITZの規格では、協定世界時(UTC)と基地局装置の時刻誤差は1.5マイクロ秒以下に抑えるよう定められています。日頃扱う時刻の最小単位が「秒」の一般市民にしてみれば、それでじゅうぶん過ぎるほど正確ですが、原子時計のようにフェムト秒(10マイナス15乗秒)単位で正確な時計にはかないません。

マイナビニュース

「スマホ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「スマホ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ