窓ガラスの断熱・結露対策ができるシート。簡単にシールみたいに貼って剥がせる

12月29日(日)11時45分 GIZMODO


201911201_450_1
Image: Amazon.co.jp

ライフハッカー[日本版]からの転載

風が冷たく、より一層寒く感じるこの頃。特に夜間は冷え込むので、暖房機器の使用は必須ですよね。

しかし、暖房をつけるときに困るのが、外気との温度差で窓ガラスが結露して、周辺がびしょびしょになること。

また、外気が冷たいために窓ガラスが冷えて、全然部屋が暖まらないこともよくありますよね。

そこで、たった1枚のシートを貼り付けるだけで対策しましょう。

窓ガラスに貼りっぱなしで結露対策Image: Amazon.co.jp ニトムズの「結露吸水断熱パネル」は、窓ガラスの下部に貼り付ける結露対策シートです。

吸着面はアクリル発泡体でシールのように簡単に貼り付けられ、剥がすときには跡が残りません。

Image: Amazon.co.jp 賃貸マンションに住んでいて、できるだけ壁や窓を汚したり傷つけたりしたくない人も安心して使えますね。

Image: Amazon.co.jp 結露は水滴になって、窓ガラスの下の方に流れて溜まっていきます。よって、水がしたたってきたところを、「結露吸水断熱パネル」が吸収するという仕組み。

最大吸収量は、なんと約900g。これは、500mlのペットボトル約1.3本分に相当する量とのこと。3枚セットになっているので、1枚あたり約300gの水を吸ってくれるようです。

しかも、吸水した結露は最終的に自然蒸発をするので、絞ったり剥がして乾燥させたりする手間は不要です。

断熱効果で外気の冷たさをシャットアウトImage: Amazon.co.jp 暖房をつけてもガラスから冷気が伝わって、部屋の空気はなかなか暖まらないもの。電気代の浪費にもなりかねません。

でも、「結露吸水断熱パネル」は、貼るだけで冷気をピシッとブロック。貼った場合と貼らなかった場合で、ガラスの表面温度が5度も違うとのこと。

これなら、冬の窓際でも快適に過ごせそうです。

Image: Amazon.co.jp カラーは、ドットやクローバーなど全部で4種類。サイズは横30cm×縦37.5cmで、3枚1セットになっています。

貼るだけで、結露と断熱対策ができて、一石二鳥。寝室やリビングなど、大き目の窓ガラスがたくさんある部屋に貼っておけば、何も対策しないときとかなり差が出そうですね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。


alt="ニトムズ 結露 吸水 断熱パネル ビッグ ドット 窓ガラス のり残りしない 幅30cmx高さ37.5cm 3枚入 E1069" src="https://m.media-amazon.com/images/I/51Md7PDz4qL.jpg">

ニトムズ 結露 吸水 断熱パネル ビッグ ドット 窓ガラス のり残りしない 幅30cmx高さ37.5cm 3枚入 E1069

1,842円


src="http://assets.media-platform.com/gizmodo/btn_buybox.png" alt="購入">


Source: Amazon.co.jp

GIZMODO

「ガラス」をもっと詳しく

「ガラス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ