注目ワードトランプ・大統領 ナス・二股の野菜 KinKi Kids・KinKiKids 自民党・幹事 不倫・渡辺謙 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

関東のニュース 4854

さらに都道府県を選択してニュースを読むことができます。

プロのピアニストも実践する「ゆび一本」練習法のメリット

プロのピアニストも実践する「ゆび一本」練習法のメリット

NEWSポストセブン12月09日(金)07時12分
ピアノというと、五本ゆびをフルに使って弾くのは当たり前。いかにスムーズに、速く正確に鍵盤を押さえられるかが勝負だと思う人も多いのではないだろうか。そんななか、ピアニストの蔵島由貴さんが提唱している、「ゆび一本」からピアノにふれるメソッドが注目を集めている。蔵島さんは東京藝術大学を卒業した後、イタリアの名門ピアノ教育機関、イモラ国際ピアノアカデミーに留学している。蔵島さんが語る。「留学中に地元の子ど……[ 記事全文 ]
2016「アサ芸“裏”流行語大賞」!(3)舛添要一元都知事は間接的に地方再生に貢献?

2016「アサ芸“裏”流行語大賞」!(3)舛添要一元都知事は間接的に地方再生に貢献?

アサ芸プラス12月04日(日)17時12分
政界を揺るがしたのは、前東京都知事・舛添要一氏(67)の政治資金の私的流用騒動だ。「厳しい第三者の目」で審査した末、ついに辞職に追い込まれた。「不思議なもので、あれほど騒がれたのに覚えているのは『ゆったりたっぷりの~んびり』という、ホテル三日月のCMソングくらい。むしろ後任を決める都知事選に、『野党統一候補なら』と出馬表明した石田純一さん(62)のほうが記憶に残っています」(徳光氏)そのホテル三日月は……[ 記事全文 ]

【書評】1922年測量の地図と92年の衛星写真の情報で択捉へ

NEWSポストセブン12月09日(金)07時12分
【書評】『地図マニア空想の旅』/今尾恵介・著/集英社インターナショナル/1300円+税【書評】関川夏央(作家)択捉島は全長二百キロ、神奈川県の三割増しという日本最大の離島である。その中部太平洋岸の天寧プレヴェストニク空港へ、著者は新千歳空港から小型機で飛んだ。択捉は人口過疎、天寧集落もロシア人世帯七軒、日本人世帯二軒があるばかりだ。集落が面した単冠湾は、一九四一年晩秋、ハワイ真珠湾奇襲をもくろむ連合艦……[ 記事全文 ]
高血圧予防、階段を上るより下る方がいい理由

高血圧予防、階段を上るより下る方がいい理由

NEWSポストセブン12月09日(金)07時12分
日頃から階段を使って、運動不足解消や高血圧の予防を心がけている人は多いだろう。しかし、やり方によっては血圧を上げかねない。イシハラクリニック院長・石原結實医師が解説する。「ゆっくりと上るなら高血圧予防にいいのですが、職場などではつい急いで階段を駆け上がりがちで、血圧を急上昇させます」京都大学名誉教授の万井正人博士らが報告した「階段運動が血圧、脈拍に及ぼす影響」という研究によれば、やや早歩きの毎分70……[ 記事全文 ]
だいたんすぎー!「忘年会…オレの股間がビビビッときた女」4選

だいたんすぎー!「忘年会…オレの股間がビビビッときた女」4選

Menjoy![メンジョイ]12月04日(日)21時12分
忘年会の季節になりました!一年のモヤモヤを飲んで騒いでバーっと忘れようとして、余計なモヤモヤをを抱え込んじゃった……って人も多い忘年会。はたして今年は、誰が何をやらかしてしまうのかっ!?……社会人だったら、理性で抑えてね。ということで今回は、男子たちに聞いた「忘年会でムラムラしちゃったエピソード」をご紹介します。1:おでこをポン「会社の忘年会で、トイレに行ったときのこと。後輩の女子とすれ違ったので、……[ 記事全文 ]
野宮真貴、ちょっとしたこと続けた結果美人と呼ばれるように

野宮真貴、ちょっとしたこと続けた結果美人と呼ばれるように

NEWSポストセブン12月04日(日)16時12分
リオパラリンピックの閉会式、東京大会のPRにピチカート・ファイヴ(以下ピチカート)の『東京は夜の七時』が流れると、ツイッター上は「かっちょいい!」「おしゃれー」と感激の声が相次いだ。「(使われると)全然知らされていなくて。閉会式のダンサーのメイクを担当していたヘアメイクさんとは長いつきあいで、リオに発つ前日にも会っているんですけど、なぜか“ぜったいにリアルタイムで見て!”って言われていたんです(笑い……[ 記事全文 ]
愛子さま 「完全登校」復活の前日には母校の文化祭へ

愛子さま 「完全登校」復活の前日には母校の文化祭へ

NEWSポストセブン12月05日(月)07時12分
朝8時を回ると、学習院女子中等科の校門に1人の警察官が立つ。登校する生徒たちは、警察官の存在を気にすることなく校内へと歩を進める――。それはこの3年間の“いつもの光景”だった。ところが、愛子さまが長期欠席に入られてからは見られなかった。11月28日の朝、ようやく見慣れた風景が戻ってきた。「愛子さまはその日、およそ2か月ぶりに1時限目から登校され、途中でお帰りになられることなく、6時限目まですべての授業を受けら……[ 記事全文 ]
血圧上昇防ぐなら男性も暖房便座に座って小便すべき

血圧上昇防ぐなら男性も暖房便座に座って小便すべき

NEWSポストセブン12月08日(木)16時12分
高血圧になるのを防ぐうえで、冬本番でも、光熱費が気になって暖房をつけるより厚着をして凌ぐ人は要注意。東京女子医大教授・渡辺尚彦医師が解説する。「室温が低いと、体が熱の放出を防ぐために血管が収縮し、血圧が上がる原因になります。厚着で凌ぐより適切に暖房を使用したほうが血圧にはいい」そのうえで、さらに血圧を下げるポイントがあると渡辺医師が続ける。「首を温めるようにしてください。首には体温調節の役割を持つ……[ 記事全文 ]
創立70年の浅草ロック座 VRでは感じられぬリアルの迫力

創立70年の浅草ロック座 VRでは感じられぬリアルの迫力

NEWSポストセブン12月08日(木)16時12分
岩戸の奥に隠れた天照大神を誘い出すため、裸になって踊った天鈿女命(あめのうずめのみこと)──神話を持ち出すまでもなく、元来日本人はストリップに寛大である。興行としてのストリップが誕生した経緯は諸説あるが、戦後間もない日本国憲法が施行された昭和22年、東京・新宿の劇場「帝都座」で上演された、額縁式のセット越しに半裸の女性が立つ「額縁ショー」が嚆矢とされる。浅草ロック座が誕生したのもこの年。来年、創立70……[ 記事全文 ]
【コラム】明暗を分けたレギュレーションと采配…際立ったのは鹿島の“無類の勝負強さ”

【コラム】明暗を分けたレギュレーションと采配…際立ったのは鹿島の“無類の勝負強さ”

サッカーキング12月04日(日)16時12分
キックオフからわずか7分で、真っ赤に染まった埼玉スタジアム2002が揺れた。大歓声が降り注ぐピッチで、浦和レッズのFW興梠慎三が歓喜の雄叫びをあげる。右サイドからMF高木俊幸があげたクロスの落ち際を、鮮やかなボレーで叩き込んだ直後の光景だ。3日に行われた明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦。今シーズンのJ1年間王者を決める最後の90分間は、ホームの浦和がいきなり先制。敵地・茨城県立カシマサッカース……[ 記事全文 ]

都道府県を選択してニュースを読む

関東のニュースランキング

お知らせ

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア