注目ワード廃棄・通商協定廃棄 中国・メディア 小泉進次郎・小泉進次郎氏 貧困・貧困まっしぐら女性は自己責任 吉岡里帆・上京組あるある秘話に共感の声 2017春・最旬モテ髪

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

大崎市のニュース 1

12次の10件 →
大崎市(宮城県)でJ-ALERT 防災行政無線の誤報発生...原因は作業者の誤認

大崎市(宮城県)でJ-ALERT 防災行政無線の誤報発生...原因は作業者の誤認

RBB TODAY04月19日(水)20時04分
大崎市(宮城県)は、本日19日午前8時28分に、J-ALERT防災行政無線の誤報があったことを公式ウェブページ上にて発表している。\n\n同市によれば、J-ALERT(全国瞬時警報システム)と防災行政無線の連動の試験をしている際、J-ALERTの試験情報が大崎市全域に一斉放送されたとのこと。これは誤報であり、「昨今、北朝鮮関係の緊張が高まっているため、万が一に備えてJ-ALERTと防災行政無線の連動確認作業を独自に行っていたところ、……[ 記事全文 ]

防災無線、試験状態終了気付かず 宮城のミサイル着弾誤報

共同通信 47NEWS04月19日(水)19時04分
宮城県大崎市は19日、全国瞬時警報システム(Jアラート)の機器整備中、ミサイルが発射され、着弾する可能性があると防災行政無線で市全域に誤報したのは、市庁舎内だけに放送される5分間の試験モードから通常モ...[ 記事全文 ]

宮城・大崎市で「ミサイル発射」誤放送 「Jアラート」試験時のミス

J-CASTニュース04月19日(水)19時04分
宮城県大崎市で2017年4月19日朝、市内全域の防災行政無線で誤った「ミサイル発射情報」が流れた。複数の報道によると、「ミサイルが着弾する可能性がある」と避難を呼びかける内容だったという。北朝鮮を発端とした東アジア情勢の緊張関係の高まりを受け、市職員がJアラート(全国瞬時警報システム)の試験を行った際、誤って外部に放送したと市は説明している。市の発表によると、放送が流れたのは19日8時28分ごろ。職員は当時、……[ 記事全文 ]
宮城県大崎市で一時「ミサイル着弾」の誤放流れる ネットでは「本気で怖かった」の声も

宮城県大崎市で一時「ミサイル着弾」の誤放流れる ネットでは「本気で怖かった」の声も

ねとらぼ04月19日(水)13時04分
宮城県大崎市で4月19日、誤って「ミサイルが着弾する」「屋内に避難を」といった緊急放送が配信されるトラブルがありました。市は誤報であったとして、「二度と起きないよう再発防止に努めてまいります」と謝罪しています。放送があったのは8時28分ごろで、本来は内部向けの試験放送のはずでしたが、誤って外部の無線スピーカに流してしまい、大崎市全域に向けて一斉放送してしまったとのこと。Twitter上では「ミサイル発射情報と……[ 記事全文 ]

宮城・大崎市、ミサイル発射誤報 「着弾する可能性」

共同通信 47NEWS04月19日(水)12時04分
宮城県大崎市は19日、全国瞬時警報システム(Jアラート)の機器整備中に、誤ってミサイル発射情報を防災行政無線で市全域に一斉放送したと明らかにした。同日午前8時半ごろ「当地域に着弾する可能性があります」...[ 記事全文 ]
宮城・岩手に伝わる神様「カマガミサマ」って何?

宮城・岩手に伝わる神様「カマガミサマ」って何?

Jタウンネット03月18日(土)07時03分
[OH!バンデス‐宮城テレビ]2017年3月8日放送の、宮城と岩手を繋ぐ「どーなKNOW?」のコーナーで「釜神様」のお面が取り上げられていました。「釜神様」とは、古来より宮城県と岩手県の限られた一部地域に伝わって来た"火伏せの神"で、台所のかまどの近くに飾られてきました。今回、大崎市古川にある「大崎市民ギャラリー緒絶(おだえ)の館」から公開制作の依頼があったのが、大崎市岩出山の山中にある一軒の自宅に住む千葉照男……[ 記事全文 ]
住まいの専門企業「タカカツグループ」が、東北の森を生き返らせる一大プロジェクトを始動!

住まいの専門企業「タカカツグループ」が、東北の森を生き返らせる一大プロジェクトを始動!

PR TIMES03月10日(金)11時03分
創業61年を迎えた「タカカツグループ」が、東北の地域創成をテーマに木と暮らしをデザインする一大プロジェクト『WOODEGGPROJECT』をリリースしました。東北の木々の再生にスポットを当てた、新しい価値観を提唱するプロジェクトとは一体どういったものなのでしょうか?【タカカツグループとは?】1955年に創業し61年の歴史を持つ、住まいの専門企業です。取扱い事業は建材流通加工から設計、新築戸建ての建築からリフォームまでと……[ 記事全文 ]
廃墟遊園地はこのまま消えるのか? 化女沼レジャーランド「最後」の見学会

廃墟遊園地はこのまま消えるのか? 化女沼レジャーランド「最後」の見学会

Jタウンネット02月24日(金)21時02分
廃墟となった元遊園地「化女沼レジャーランド」(宮城県大崎市)について、まもなく売却先が決まる見込みだという。「TEAM酷道・廃墟」のよごれんさんを中心に企画された「最後の見学会」には、大勢の廃墟マニアが訪れ、別れを惜しんだ。Jタウンネットは見学会翌日、よごれんさんに改めて、化女沼レジャーランドへの思いを聞いた。最後の見学会には120人以上が参加化女沼レジャーランドは1970年代末に「化女沼保養ランド」として開……[ 記事全文 ]
化女沼レジャーランドの「廃墟テーマパーク」化が、東北復興の起爆剤に? 購入目指す人物を直撃

化女沼レジャーランドの「廃墟テーマパーク」化が、東北復興の起爆剤に? 購入目指す人物を直撃

Jタウンネット01月17日(火)06時01分
宮城県大崎市に、廃墟マニアに有名な遊園地がある。「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」。2000年に閉園されたが、いまなお当時の設備を残したまま、静かに眠っている。Jタウンネットでは16年9月、この廃墟の買い手探しに、「廃墟マニア」が協力していると報じた。それから4か月、その地を「日本唯一の廃墟テーマパーク」として再建しようと、クラウドファンディング(CF)がスタートした。各種ニュースサイトで報じられたが、……[ 記事全文 ]
廃墟遊園地「化女沼レジャーランド」を廃墟のままテーマパークに クラウドファンディングで支援募る

廃墟遊園地「化女沼レジャーランド」を廃墟のままテーマパークに クラウドファンディングで支援募る

BIGLOBEニュース編集部01月10日(火)14時01分
宮城県大崎市にある廃業した遊園地『化女沼レジャーランド』を、廃墟のままテーマパークとして開業するプロジェクトが発足した。クラウドファンディング「CAMPFIRE」で、購入額5億円のうち不足している1億2千万円を目標に支援金を募っている。『化女沼レジャーランド』は1974年に開園し、ピーク時には年間30万人以上の来園者でにぎわった人気のレジャースポットだったが、2001年に閉園。約3万5000坪の広大な敷地には、観覧車やメリ……[ 記事全文 ]
12次の10件 →
宮城県のお役立ち情報
【ライフ、レジャーを探す】
■お子様の教育( 宮城県の小学生の塾 宮城県の中学生の塾 宮城県の高校生の塾 宮城県の幼児の塾、浪人生の予備校


【ヘアサロン・美容院を探す】
仙台・宮城の美容院・美容室・ヘアサロン 

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア