ヤクルト山田復活か、大砲・筒香に期待…2018年打撃タイトル大予想【セ編】

1月4日(木)14時40分 フルカウント

首位打者の本命は昨季MVPの広島・丸、対抗は…

 新年を迎えて三が日を終え、プロ野球界では2月1日のキャンプインに向けて、選手が各地で自主トレを開始した。少し気は早いが、セ・リーグの2018年打撃タイトルについて予想してみよう。

 過去3年の首位打者、本塁打王、打点王、盗塁王は次の通りだ。

○2015年
首位打者 川端慎吾(ヤ).336
本塁打王 山田哲人(ヤ)38本
打点王 畠山和洋(ヤ)105打点
盗塁王 山田哲人(ヤ)34盗塁
○2016年
首位打者 坂本勇人(巨).344
本塁打王 筒香嘉智(De)44本
打点王 筒香嘉智(De)110打点
盗塁王 山田哲人(ヤ)30盗塁 
○2017年
首位打者 宮崎敏郎(De).323
本塁打王 ゲレーロ(中)35本
打点王 ロペス(De)105打点
盗塁王 田中広輔(広)35盗塁

 セ・リーグも圧倒的な強打者がいない、群雄割拠の時代だ。タイトル獲得者の予測が難しい時代ともいえる。

【首位打者】

 セ・リーグは、2年、3年と続けて好調を維持する選手が少ない。2年連続トリプルスリーの山田哲人も昨季は調子を崩し、2016年の首位打者だった坂本勇人も昨季は後半に失速した。そんな中で注目は、昨季MVPに輝いた広島の丸佳浩だ。最近3年の打率は.249、.291、.308と急上昇している。丸は四球が多く、安打数に対する打数が少ない。今年29歳という脂の乗った年齢でもあり、期待したい。

 これに続くのが巨人の坂本。一昨年の首位打者であり、昨年も中盤まで3割を維持していた。昨年の轍を踏むことはないのではないか。さらに、昨年は.315で打率2位につけた巨人マギーにも期待。NPB通算打率も.304と高い。

 昨年の首位打者、DeNA宮崎敏郎は初めての規定打席だった。2年目は未知数と言えるが、2年連続首位打者の可能性も当然あるだろう。

 もう1人、挙げておきたいのが広島の田中広輔だ。一度も3割を打ったことはないが、昨年7月には月間打率.367を記録。最高出塁率、盗塁王のタイトルも獲った。打数が少なく、足が速い。大化けする可能性があると見た。

本命:丸佳浩(広島)
対抗:坂本勇人(巨人)
穴:マギー(巨人)、宮崎敏郎(DeNA)
大穴:田中広輔(広島)

巨人移籍でゲレーロの打点アップか、DeNA筒香の復活にも期待

【本塁打王】

 昨年は中日のゲレーロが獲得した本塁打王。今季から巨人に移籍したが、引き続き有力候補と言えるだろう。本塁打が出やすい東京ドームを本拠にすることも有利な材料だ。

○10本塁打以上の本塁打率(本塁打数÷打数)5傑
1バティスタ(広).088(125打数11本塁打)
2エルドレッド(広).078(344打数27本塁打)
3ゲレーロ(中).075(469打数35本塁打)
4バレンティン(ヤ).072(445打数32本塁打)
5福田永将(中).060(299打数18本塁打)

 昨年育成枠から昇格して活躍した広島のバティスタが1位だが、今季は厳しいマークが予想される。そのまますんなりタイトル獲得とはいかないだろう。守備にやや難があり、起用法が難しそうだ。そのバティスタと守備位置を争うのが、2位のエルドレッド。故障が多く、フル出場は難しそうだ。

 そうなると、4位につけるヤクルトのバレンティンが浮上してくる。昨年は後半だけで23本塁打を記録。同僚の山田哲人が不振にあえぐ中で、復活してきた。可能性は大いにあるだろう。

 日本勢では、本塁打率.059(437打数26本塁打)で6位につける広島の鈴木誠也、.056(503打数28本塁打)で7位のDeNA筒香嘉智に期待したい。

本命:ゲレーロ(巨人)
対抗:バレンティン(ヤクルト)
穴:鈴木誠也(広島)、筒香嘉智(DeNA)

【打点王】

 打点王は、出塁率が高い打線の中軸に座る打者が有利だ。昨年の本塁打王ゲレーロは35本塁打ながら、86打点。中日のチーム出塁率は最下位の.300で、塁上の走者が少なく、打点につながらなかった。また、得点圏打率も重要だ。

○得点圏打率5傑(規定打席以上)
1.マギー(巨)0.350(120打数42安打)
2.倉本寿彦(De)0.342(117打数40安打)
3.安部友裕(広)0.336(113打数38安打)
4.筒香嘉智(De)0.326(141打数46安打)
5.大島洋平(中)0.323(93打数30安打)

 マギーは強力打線にいれば、もう少し打点が増えたと思われる。しかし、中距離打者であり、打点王候補とは言い難い。やはり2016年の2冠王、DeNA筒香が有力だと言えよう。昨年はWBCの影響か、前半は不振だったが、後半は盛り返していた。さらに、昨年の打点王でもある同僚ロペスも得点圏打率.322(143打数46安打)で6位につけており、有力だ。

 昨年は負傷で終盤に戦線離脱した広島の鈴木は、田中、丸という出塁率の高い打者の後から打席に立つ。得点圏打率は9位の.308(143打数44安打)だが、可能性はあるだろう。

 さらに、大穴で丸を付け加えたい。スラッガータイプではないが、昨年は92打点。得点圏打率は7位の.318(157打数50安打)。不動の3番打者でもあり、有力だ。

本命:筒香嘉智(DeNA)
対抗:ロペス(DeNA)
穴:鈴木誠也(広島)
大穴:丸佳浩(広島)

盗塁成功率は阪神・上本が断トツ1位、企図数多い広島・田中

【盗塁王】

 セ・リーグの盗塁王は予測が難しい。盗塁を多用するチームとそうでないチームで、企図数大きくが異なるからだ。

○10盗塁以上の選手の盗塁成功率
1上本博紀(神).941(16盗塁1盗塁死)
2梶谷隆幸(De).875(21盗塁3盗塁死)
3丸佳浩(広).813(13盗塁3盗塁死)
4大島洋平(中).793(23盗塁6盗塁死)
5糸井嘉男(神).778(21盗塁6盗塁死)

 阪神の上本博紀は、盗塁企図数17回のうち16回成功。しかし、2番を打つことが多く、企図数がこれ以上増えそうにないのがネックだ。DeNAの梶谷隆幸は盗塁成功率2位。DeNAはチーム全体で39盗塁。走らないチームだが、梶谷だけは走らせている。2014年には盗塁王になっており、有力候補だろう。

 盗塁王の田中広輔は成功率は8位の.761(35盗塁11盗塁死)、企図数は多かったが成功率は決して高くなかった。しかし、今季も1番を打つとすれば、2年連続獲得の可能性はあるだろう。

 さらに阪神の糸井嘉男。オリックス時代の2016年に35歳で史上最年長の盗塁王になっている。脚の衰えはない。自らの記録を更新して、37歳での盗塁王を獲得する可能性もあるのではないか。2012年に盗塁王を獲得した中日の大島洋平も面白い存在だ。

本命:梶谷隆幸(DeNA)
対抗:田中広輔(広島)
穴:糸井嘉男(阪神)、大島洋平(中日)

 これから9か月後、レギュラーシーズンが終わる頃には、一体誰がタイトル争いを繰り広げているのだろうか。(広尾晃 / Koh Hiroo)

フルカウント

「2018年」のニュース

BIGLOBE
トップへ