新体制の鹿島、ブラジル人2選手を獲得…エヴェラウドとファン・アラーノ

1月4日(土)15時45分 サッカーキング

鹿島が新外国人2選手の加入を発表 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 鹿島アントラーズは4日、ケレタロFCからブラジル人FWエヴェラウドが、インテルナシオナルからブラジル人MFファン・アラーノが、それぞれ完全移籍で加入することを発表した。

 エヴェラウドは1991年7月5日生まれの現在28歳。母国ブラジルやサウジアラビアのリーグを渡り歩き、2017年からはメキシコのケレタロFCでプレーしている。2019年にはブラジルのシャペコエンセへ期限付き移籍し、同シーズンのブラジル1部リーグで33試合に出場し13得点を挙げる活躍を見せた。

 ファン・アラーノは1996年9月2日生まれの現在23歳。2017年にインテルナシオナルでデビューを飾ると、2019年は期限付き移籍したコリチーバFCでプレー。2019シーズンはブラジル2部リーグで33試合に出場し5ゴール5アシストを記録している。

 鹿島は2日にアントニオ・カルロス・ザーゴ氏が新監督に就任することを発表。その後は湘南ベルマーレからDF杉岡大暉、横浜F・マリノスからDF広瀬陸斗、ベガルタ仙台からDF永戸勝也、川崎フロンターレからDF奈良竜樹を積極補強していた。

サッカーキング

「ブラジル」をもっと詳しく

「ブラジル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ