前橋育英が大量6ゴールで決勝進出! 上田西は1点返すも及ばず

1月6日(土)16時9分 サッカーキング

前橋育英が決勝戦に進出 [写真]=小林浩一

写真を拡大

 第96回全国高校サッカー選手権大会・準決勝が6日に行われ、上田西(長野)と前橋育英(群馬)が対戦した。

 今大会無失点で勝ち上がってきた前橋育英が、準々決勝で明秀日立(茨城)を3−2で破った上田西と激突。23分、松田陸が先制点をものにすると、27分には飯島陸が追加点をあげた。その後根本凌に1点を奪われるも36分、五十嵐理人がGKとの1対1を冷静に決め、リードを2点に広げた。
 
 後半に入っても前橋育英の攻勢は変わらず、2点を追加して最終スコア6−1で上田西を下し2年連続の決勝進出を果たした。この結果、決勝戦のカードは流通経済大柏vs前橋育英となった。決勝戦は1月8日に埼玉スタジアムで行われる。

【スコア】
上田西 1−6 前橋育英

【得点者】
0−1 23分 松田陸(前橋育英)
0−2 27分 飯島陸(前橋育英)
1−2 29分 根本凌(上田西)
1−3 36分 五十嵐理人(前橋育英)
1−4 63分 五十嵐理人(前橋育英)
1−5 86分 飯島陸(前橋育英)
1−6 90分 釣崎椋介(前橋育英)

サッカーキング

「高校サッカー」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「高校サッカー」のニュース

BIGLOBE
トップへ