フェラーリF1代表、シューマッハーがF1昇格の有力候補であることを認めるも、2021年の起用は「早すぎる」と語る

1月7日(火)7時30分 AUTOSPORT web

 フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットは、将来的にミック・シューマッハーはF1でのシート獲得候補になるだろうと考えており、彼への期待はますます高まっていることを認めた。


 シューマッハーはFIA-F2選手権参戦初年度の2019年に、1度の優勝を成し遂げている。


 F1では伝説的存在のミハエル・シューマッハーの息子である20歳のミックは、2019年シーズン序盤にバーレーンにおいて、フェラーリとアルファロメオの公式F1テストを初めて担当した。


 フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA』のメンバーであるシューマッハーは、今年も再びプレマからF2に参戦し、2021年にはモータースポーツの最高峰へステップアップするという野望を抱いている。そのためビノットは、今シーズンは傘下ドライバーであるシューマッハーに対して“大きな期待”を寄せているという。


「彼をFDAのメンバーとして擁していることを非常に誇りに思っている。彼がミハエル・シューマッハーの息子だからというだけではなく、優れたドライバーだと思うからだ。実際彼は今シーズンにおいてさえ、素晴らしいパフォーマンスを見せた」とビノットは語った。


「ランキングを見てみると、経験豊富なドライバーたちが上位にいるのが分かる。だが彼は経験を積むという点で、良い1シーズンを過ごしてきた」


「またルーキーたちに目を向けてみれば、彼はうまくやっていた。彼はルーキーだったのだ。つまり来シーズンは彼にとって、どれだけ進歩しているのかを把握するうえで重要なシーズンになると思う」


「我々は来年に大きな期待を寄せている。なぜなら彼は1シーズン分の経験を持っていることになるからだ。そして我々は、彼が将来的にF1の有力候補になるのは確実だと考えている」


 シューマッハーがF2で実績を上げれば、当然ながら2021年のF1昇格を望むことができるだろうが、ビノットは誰もが望むフェラーリのシートを彼に割り当てるのは時期尚早だと考えている。


「彼は将来的にフェラーリのドライバー候補になるだろうか? それにはまだ時期が早すぎる」とビノットは続けた。


「繰り返しになるが、FDAの目指すところはフェラーリのために次世代の才能を見出すことにある。そして彼はFDAの一員だ。なぜなら我々は最終的に、彼がこのグループに所属するにふさわしい能力を持っていると考えているからだ」


「2021年は、我々が抱える若手のひとりにとっては時期が早すぎるだろう。2021年にはドライバーの経験が重要となる。なぜならマシンが完全に異なるタイプのものになるからだ」


AUTOSPORT web

「フェラーリ」をもっと詳しく

「フェラーリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ