柏レイソルMF三原雅俊が完全移籍に移行「また日立台でプレーしたいと思い決断」

1月8日(水)11時40分 フットボールチャンネル

 柏レイソルが8日、ヴィッセル神戸から期限付き移籍で加入していた31歳のMF三原雅俊が完全移籍に移行したと発表。

 2006年にサガン鳥栖でプロキャリアをスタートさせると、2007年にはヴィッセル神戸へ完全移籍。その後はツエーゲン金沢、V・ファーレン長崎、柏レイソルへの期限付き移籍を経験している。昨季途中から加入した柏レイソルではリーグ戦16試合に出場して2得点を記録し、チームのJ1昇格に貢献していた。

 三原雅俊は柏レイソルの公式サイトを通じて「このたび、完全移籍で柏レイソルに加入できることを嬉しく思います。また2020シーズンも柏レイソルの選手として日立台でプレーしたいと思い、決断しました。これからも応援をよろしくお願いします」と、コメントしている。

フットボールチャンネル

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ