鳥栖、U−22日本代表MF松岡と契約更新「ファン・サポーターの皆様を笑顔に」

1月8日(水)14時52分 サッカーキング

鳥栖と2020年シーズンの契約を更新した18歳の松岡 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 サガン鳥栖は8日、MF松岡大起と2020年シーズンの契約を更新したことをクラブ公式サイトで発表した。

 2001年6月生まれの松岡は熊本県出身で、ソレッソ熊本U−15を経てサガン鳥栖U−18に入団した。2018年からトップチームに2種登録されると、同年6月の天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会2回戦・多度津FC戦で公式戦初出場。昨季の明治安田生命J1リーグ第2節ヴィッセル神戸戦でリーグ戦デビューを果たし、昨季のリーグ戦は24試合に出場した。また、昨年6月には、クラブ史上初めて高校在学時でのトップチーム昇格を果たした。

 松岡は各年代別の日本代表を経験しており、昨年6月の第47回トゥーロン国際大会2019からはU−22日本代表にも選出されるように。昨年12月28日に行われたキリンチャレンジカップ2019・U−22ジャマイカ代表戦にも、81分から出場していた。

 松岡は今回の契約更新に際して、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「サガン鳥栖の勝利の為に、そしてファン・サポーターの皆様を笑顔にできるように全力で頑張ります!応援よろしくお願いします!」

サッカーキング

「日本代表」をもっと詳しく

「日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ