チーム代表の更迭で揺れるフェラーリ、新テクニカル・ディレクターには、前FIA技術委員が就任か

1月10日(木)11時33分 AUTOSPORT web

 新年早々チーム代表が更迭され、大揺れのフェラーリ。そのフェラーリでは、2018年までFIA(国際自動車連盟)の副レースディレクターを務めていたフランス人エンジニアのローラン・メキエスが、新たに開発部門の責任者に就任するのではという噂が流れている。

フェラーリF1代表を更迭されたマウリツィオ・アリバベーネ
フェラーリF1代表を更迭されたマウリツィオ・アリバベーネ


 フェラーリの正式発表では、マウリツィオ・アリバベーネに代わってチーム代表に就任したばかりのマッティア・ビノットが、現職のテクニカル・ディレクターも兼任することが示唆されていた。しかしイタリアの「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は、この数週間のうちにマラネロ内部で新たな動きが出るはずと報じている。


 具体的には昨年フェラーリに引き抜かれたばかりのメキエスが、テクニカル・ディレクターに抜擢されるのではないかという。メキエスはトロロッソから2014年にFIAに移り、副レースディレクターとして活躍。近い将来はチャーリー・ホワイテングの跡を継いで、FIAの技術部門を統括する人材と見られていた。


 FIAからは2017年にも、当時テクニカルチーフだったマーチン・ブコウスキーがルノーにヘッドハンティングされ、マシン情報がルノーに流出するとライバルチームから非難されたことがあった。メキエスもFIAで機密情報を知りうる立場にあったため、フェラーリとの契約が決まったあと半年以上のガーデニング休暇を取らされ、昨年11月にようやく同チームのスポーティングディレクターに就任している。


 ガゼッタ紙の観測通りメキエスがテクニカル・ディレクターに就任すると、メルセデス、フェラーリ、レッドブルのトップ3チーム中2チームの開発部門トップを、フランス人エンジニアが占めることになる。レッドブルのテクニカル・ディレクターは、ザウバーから移籍したピエール・バシェが務めている。


AUTOSPORT web

「フェラーリ」をもっと詳しく

「フェラーリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ