リーガ会長、W杯拡大でFIFA会長を非難「ブラッターのように振る舞った」

1月10日(火)21時11分 フットボールチャンネル

 国際サッカー連盟(FIFA)は10日、スイス・チューリヒで開かれた理事会で2026年のW杯から出場国数を「48」に増やすことを決定した。

 W杯の規模拡大に異を唱えていたリーガ・エスパニョーラのハビエル・テバス会長は、この決定に憤慨している。スペイン紙『アス』が伝えた。

 仏紙『レキップ』のインタビューで、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長から先週中にW杯拡大を事前に通知する内容のメールを受け取っていたというテバス会長は、「インファンティーノは皆の心配をよそに一人でこの決定を下し、ブラッターのように振る舞った」とFIFAのトップを非難した。

 試合数の増加やクオリティの低下がプレーする選手のためにならないと考えるテバス会長は、以前から主に収入の増加を目的とするW杯出場国数の拡大に反対していた。

 そのため自身の選挙公約でもあったW杯の拡大を推し進めたFIFA会長には怒りが収まらないようで「フットボール産業はクラブやリーグのおかげで維持されており、FIFAのおかげではない。インファンティーノは政治家であり、選挙で当選するためにW杯出場国を増やすことを約束したのだろう。選挙公約を果たしたかっただけで、それはプロサッカーのためのものではない」とインファンティーノ氏を痛烈に批判している。

フットボールチャンネル

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ