プスカシュ賞、アジア人選手が初受賞! マレーシア代表MFの“超絶FK弾”が選出

1月10日(火)8時1分 フットボールチャンネル

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、スイスのチューリッヒで2016年の年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」を開催し、最も優れたゴールを決める「FIFAプスカシュ賞」にマレーシアリーグ1部ペナンに所属するマレーシア代表MFモード・ファイズ・スブリが決めたゴールが選出されたことを発表した。

 スブリは、昨年2月16日に行われたリーグ戦のペナン対パハン戦で信じられない軌道を描く直接フリーキックを叩き込んだ。左サイドから放たれた強烈なシュートは、一度左に反れてから急激に右にカーブしてゴール右のサイドネットに突き刺さった。この強烈なインパクトを残したシュートが世界中の注目を集め、59.46%の投票を得て、スブリはアジア人選手として初めてプスカシュ賞を受賞している。

 受賞したスブリは、FIFAの公式サイトで「トッププレイヤーたちの1人に含まれ、彼らの内の1人としてここにいることにとても興奮した。受賞者が発表される前にはとても緊張していたけれど、受賞してから全てが落ち着いた」とコメント。

 そして、「僕は練習で本当に熱心にハードワークをしたから、これはその成果だと思う。このゴールは、これまでの僕のキャリアのベストゴールだね」と、受賞した喜びを語っている。

フットボールチャンネル

「マレーシア」をもっと詳しく

「マレーシア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ