ミラン、トリノに2発完勝で首位キープ! 負傷明けのイブラが途中出場

1月10日(日)6時47分 サッカーキング

トリノに勝利したミラン [写真]=Getty Images

写真を拡大

 セリエA第17節が9日に行われ、ミランとトリノが対戦した。

 ホームのミランはここまで11勝4分1敗の勝ち点「37」で首位に位置。今節、昨年11月に負傷離脱したズラタン・イブラヒモヴィッチがベンチ入りを果たした。アウェイのトリノは、ここまで2勝5分9敗の勝ち点「12」で17位となっており、最下位クロトーネとの勝ち点差はわずか「3」となっている。

 試合序盤はミランがボールを支配してトリノにシュートを与えない。すると25分、テオ・エルナンデスが左サイドから中央にドリブル突破してブラヒム・ディアスに繋ぐ。ディアスはワンタッチで前線のラファエル・レオンにスルーパスを出すと、ラファエル・レオンは右足を振り抜きシュート。グラウンダー性のシュートはゴール右下に決まり、ミランが先制に成功した。

 ミランは36分にPKを獲得すると、キッカーを務めたフランク・ケシエはゴール右下にシュートを決め、ミランが追加点を得る。前半をミランの2点リードで終えた。

 後半に入るとスコアが動かない状況が続く。すると85分、イブラヒモヴィッチがラファエル・レオンに代わって途中出場し、公式戦12試合ぶりの出場を果たす。

 その後スコアは動かず、2−0でミランがトリノに勝利を収めた。この結果、ミランは勝ち点「40」で首位をキープ。一方トリノは勝ち点に変動なく「12」となっている。

 ミランとトリノは12日にコッパ・イタリア第5回戦で再戦。リーグ戦では次節、ミランは18日にアウェイでカリアリと対戦し、トリノは16日にホームでスペツィアと対戦する。

【スコア】
ミラン 2−0 トリノ

【得点者】
25分 1−0 ラファエル・レオン(ミラン)
36分 2−0 フランク・ケシエ(ミラン)

サッカーキング

「トリノ」をもっと詳しく

「トリノ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ