台湾女子ツアーで日本勢が一足早い初実戦 比嘉真美子は4打差18位発進 

1月11日(金)18時58分 ALBA.Net

比嘉真美子が日本勢トップの18位タイで初日を終えた(写真はLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ)(撮影:米山聡明)

写真を拡大

<Hitachi Ladies Classic 初日◇11日◇オリエントゴルフカントリークラブ、台湾桃園市>

台湾女子ツアーの今季開幕戦「Hitachi Ladies Classic」の初日が行われ、エントリーした多くの日本選手が一足早い2019年の初実戦に臨んだ。


日本勢の最上位は2バーディ・1ボギーの「71」をマークし、1アンダー・18位タイにつけた比嘉真美子。その他主な日本選手は、東浩子、福田真未、石田可南子、乗富結がイーブンパー・25位タイ、服部真夕、葭葉ルミが1オーバー・39位タイで初日の競技を終えた。

5アンダーのトップはティファニー・チャン(香港)ら2人。昨季の「全英リコー女子オープン」2位のポーナノン・パットラム(タイ)は4アンダー・3位タイ、地元・台湾出身で米ツアー通算15勝を誇るヤニ・ツェンが3アンダー・5位タイで続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「台湾」をもっと詳しく

「台湾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ