ウイリアムズF1を長年サポートしたスポンサーがマクラーレンへ

1月11日(土)12時2分 AUTOSPORT web

 マクラーレン・レーシングは、大手消費財メーカー、ユニリーバと、2020年F1シーズンから複数年にわたるテクニカルパートナーシップ契約を結んだことを発表した。ユニリーバは長年ウイリアムズF1チームのパートナーを務めてきたが、2020年シーズンを前に契約が終了した。


 マクラーレンとの契約により、ユニリーバは、さまざまな分野でのエンジニアリングとデジタル面の向上を推進し、エンジニアリングアカデミーの共同創設等を通した人材育成にも取り組むという。

2019年F1第19戦アメリカGP ランド・ノリス(マクラーレン)
2019年F1第19戦アメリカGP ランド・ノリス(マクラーレン)


 ユニリーバは5年にわたりウイリアムズF1チームのスポンサーを務め、同社のデオドラント用品のブランドRexonaのロゴがマシンに大きく飾られてきた。しかしウイリアムズとの契約期間が終了し、ユニリーバはマクラーレンをサポートすることを決めた。


 ウイリアムズはユニリーバとの契約が終了したことを公式に認めている。


AUTOSPORT web

「マクラーレン」をもっと詳しく

「マクラーレン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ