ダンロップ、フォーミュラ・リージョナルへのタイヤワンメイク供給を発表

1月11日(土)14時11分 AUTOSPORT web

 住友ゴム工業は、1月10日、2020年からスタートする全日本フォーミュラリージョナル選手権に、ダンロップレーシングタイヤをワンメイク供給すると発表した。2020年は6月の富士から開幕し、全6ラウンドで争われる。


 2020年からスタートするフォーミュラ・リージョナルは、FIA国際自動車連盟が進めるフォーミュラ再編にともなう規格に適合した童夢F111/3を使用したワンメイクフォーミュラ。2020年はピレリスーパー耐久シリーズの富士SUPER TEC 24時間での開催を皮切りに、全6ラウンドで行われる。


 そんなシリーズに向けて、ダンロップがタイヤをワンメイク供給することになった。供給は2022年までの3年間が決まっている。


AUTOSPORT web

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ