落札総額約3億3000万。東京オートサロン2020でレースカーだけのオークション初開催

1月11日(土)11時30分 AUTOSPORT web

 東京オートサロン2020の会期初日となる1月10日(金)に、BHオークションとスーパーGTをプロモートするGTアソシエイション(GTA)によるレーシングカーだけのオークション『SUPER GT AUCTION-TAS-』が開催され、出品された10台のうち6台が落札された。その総額は3億2934万円だった。


 BHオークションは2018年から東京オートサロンの会場内でオークションを開催。これまではヒストリックカーなどがメインに出品されてきたが、2020年はGTAとのパートナーシップにより、出品された10台すべてがツーリングカーやスポーツカーなどレーシングカーとなっていた。


 1975年式ランチア・ストラトス ストラダーレ(Gr.4バージョン)など出品された全10台のうち、落札されたのは6台。なかでも予想落札価格が1億円オーバーとされていた1977年式のポルシェ935 K3/80 byクレーマーは、今回のオークションでの最高値となる1億6500万円(落札手数料10%込み:以下同)で落札された。


 次に高額での落札となったのはランチア・ストラトス ストラダーレで7810万円。6台の総落札価格は3億2934万円という結果となった。

今回の最高落札価格はイエガーマイスター仕様のカラーリングをまとうポルシェ935の1億5000万円(落札手数料込み1億6500万円)
今回の最高落札価格はイエガーマイスター仕様のカラーリングをまとうポルシェ935の1億5000万円(落札手数料込み1億6500万円)
アリタリアカラーの1975年式ランチア・ストラトス ストラダーレは7100(落札手数料込み7810万円)で落札
アリタリアカラーの1975年式ランチア・ストラトス ストラダーレは7100(落札手数料込み7810万円)で落札


 また、今回スペシャルロットとしてトムスからF3マシン、ラルトRT34が出品された。これは落札価格の一部(15%)がチャリティとして交通遺児育英会に寄付されるというもの。車両は、トムスがエンジンをトヨタ3S-GEエンジンに載せ替え、1990年当時のトムス仕様のカラーリングが施されたもので、こちらは220万円で落札されている。

チャリティーオークションとして特別出品されたトムスカラーのラルトRT34は落札手数料込み220万円で落札された
チャリティーオークションとして特別出品されたトムスカラーのラルトRT34は落札手数料込み220万円で落札された


 今回のオークションの結果(落札手数料10%込み金額)は以下の通り。


・1975 ランチア・ストラトス ストラダーレ/Gr.4 Conversion:7810万円

・1995 HKS T-002/BCNR33 Record Breaker:1221万円

・1965 アルファロメオ・ジュリア スプリントGTAコルサ:不成立

・1972 ニッサン・スカイライン2000 GT-R KPGC10:3190万円

・1987 LM07トヨタ/Gr.C:3520万円

・1977 ポルシェ935 K3/80 by Kremer:1億6500万円

・2016 ポルシェ991 GT3-R:不成立

・2014 BMW Z4 GT3/Suzuka 1000km Winner:693万円

・2012 McLaren MP4-12C GT3:不成立

・1995 BMW 320ST Nur24/Spa24 Winner:不成立


AUTOSPORT web

「オークション」をもっと詳しく

「オークション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ