遠藤航、2試合連続のスタメン出場。シュトゥットガルトは4試合ぶりの勝利

1月11日(月)1時24分 フットボールチャンネル

【アウグスブルク 1-4 シュトゥットガルト ブンデスリーガ第15節】

 ブンデスリーガ第15節、アウグスブルク対シュトゥットガルトが現地時間10日に行われた。アウェイのシュトゥットガルトが4-1の勝利を収めた。

 シュトゥットガルトに所属する日本代表MF遠藤航はリーグ戦2試合連続のスタメン。90分に途中交代となっている。開始10分、ゴンサレスのPKでシュトゥットガルトが先制に成功。続く29分、ソサのアシストからワマンギトゥカがゴールネットを揺らした。

 後半開始早々の46分、シュトゥットガルトは自陣でボールを奪われると、バルガスの左からのクロスにリヒターが合わせ失点。1点差に詰め寄られる。だが61分、シュトゥットガルトが追加点。ゴンサレスの右からのクロスにファーサイドでカストロが合わせゴールネットを揺らした。

 76分にアウグスブルクのリヒターが退場処分。その後はシュトゥットガルトペースで試合が進む。シュトゥットガルトは1点を追加し、4-1の勝利を収めた。勝利したシュトゥットガルトは4試合ぶりの勝利となった。

【得点者】
10分 0-1 ゴンサレス(シュトゥットガルト)
29分 0-2 ワマンギトゥカ(シュトゥットガルト)
46分 1-2 リヒター(アウグスブルク)
61分 1-3 カストロ(シュトゥットガルト)
87分 1-4 ディダヴィ(シュトゥットガルト)

フットボールチャンネル

「シュトゥットガルト」をもっと詳しく

「シュトゥットガルト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ