杉田祐一、8位ソックと初戦 全豪OP組み合わせ

1月11日(木)18時54分 日刊スポーツ

杉田祐一(2017年10月6日撮影)

写真を拡大


 杉田、世界8位に挑戦だ! 15日に開幕するテニスの4大大会今季初戦、全豪オープン(メルボルン)の本戦組み合わせ抽選が11日、会場で行われ、男子では世界41位の杉田祐一(29=三菱電機)が、初戦で、同8位のソック(米国)と対戦することが決まった。初戦から非常に厳しい組み合わせだが、昨年8月の米シンシナティ大会で初対戦し、杉田が7−5、6−4のストレートで勝っている。その時の再現を、大舞台で狙う。
 女子では同70位の大坂なおみ(20=日清食品)は初戦で250位のK・クコバ(スロバキア)が相手となった。勝てば2回戦で第16シードのベスニナ(ロシア)、3回戦で第18シードのバーティ(オーストラリア)の予定で、決して悪い組み合わせではない。
 本戦から出場する日本勢は男女各3人。初戦の組み合わせは以下の通り。
▽男子1回戦 杉田−ソック、西岡良仁(ミキハウス<169>)−コールシュライバー(ドイツ<29>)、ダニエル太郎(エイブル<98>)−ベネトー(フランス<58>)
▽女子1回戦 大坂−クコバ、日比野菜緒(ルルルン<98>)−ベキッチ(クロアチア<55>)、奈良くるみ(安藤証券<103>)−ボンドロウソバ(チェコ<66>)
丸数字は世界ランク
▽放送予定 WOWOWが15日(月)から28日(日)まで連日生中継

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

杉田祐一をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ