ケプカ弟は4位タイで大会を折り返し トップはA・サディアとC・ペイズリー

1月13日(土)11時37分 ALBA.Net

4位に後退したチェイス・ケプカ(撮影:GettyImages)

写真を拡大

<BMW SAオープン 2日目◇12日◇グレンダワーGC(7,594ヤード・パー72)>

欧州ツアーの2018年初戦「BMW SAオープン」の第2ラウンドの競技が終了。アドリアン・サディア(フランス)とクリス・ペイズリー(イングランド)の2人がトータル13アンダーと首位タイで大会を折り返した。


昨日首位発進を決めた2017年「全米オープン」を制したブルックス・ケプカ(米国)の実弟、チェイスはこの日1つしか伸ばせず、トータル8アンダーの4位タイに後退。同じくトップから出たブランデン・グレイス(南アフリカ)らと並んでいる。

大会初制覇を狙うチャール・シュワーツェル(南アフリカ)はトータル5アンダー14位タイ。昨年覇者のグレアム・ストーム(イングランド)はトータル1オーバー76位タイで予選落ちを喫した。

【2日目の順位】
1位T:アドリアン・サディア(-7)
1位T:クリス・ペイズリー(-7)
3位:ジャック・クルスウィック(-6)
4位T:レティーフ・グーセン(-5)
4位T:スコット・ビンセント(-5)
4位T:ブランデン・グレイス(-5)
4位T:チェイス・ケプカ(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ケプカをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ