WRC:Mスポーツ・フォード、新進気鋭の23歳スニネンを13戦中8戦で起用

1月13日(土)14時26分 AUTOSPORT web

 WRC世界ラリー選手権に参戦するMスポーツ・フォード・ワールド・ラリーチームは2018年シーズンの全13戦中8戦でテーム・スニネンを起用すると明らかにした。


 2017年のチャンピオンチームで、2018年からフォードからの援助が強化されたMスポーツ。今季のレギュラードライバーにはセバスチャン・オジエとエルフィン・エバンスのふたりを起用する。


 しかし、2018年のWRC最上位クラスでは1チームにつき最大3名のドライバーが登録可能で、残る1台を任せるドライバーに注目が集まる形に。1月9日には第1戦、第4戦でブライアン・ブフィエを起用することを発表していた。

スニネンは2017年のラリー・フィンランドで表彰台目前の総合4位を獲得している
スニネンは2017年のラリー・フィンランドで表彰台目前の総合4位を獲得している


 今回、第3ドライバーとして新たに発表されたスニネンはフィンランド出身の23歳。2017年にWRC最上位クラスデビューを果たすと第8戦ポーランドではステージ優勝、第9戦フィンランドでは表彰台目前の総合4位につける好走をみせている。


 その速さを買われたスニネンは2018年、Mスポーツの3台目フォード・フィエスタWRCを駆り、第2戦スウェーデンと第3戦メキシコ、第6戦ポルトガル、第7戦イタリア、第8戦フィンランド、第10戦トルコ、第11戦ラリーGB、第12戦カタルーニャの8戦に出場することとなった。


 また、第1戦モンテカルロと第9戦ドイチェランドでは下位クラスのWRC2にMスポーツのワークスチームから参戦。フィエスタR5を操る。


「僕たちにとって最高のシーズンになるだろうし、2018年の活動計画に満足している」とスニネン。


「とくにMスポーツ・フォード陣営のひとりとして、フォード・フィエスタWRCで8戦に出場するというのは大きなトピックスだ。自分のポテンシャルを披露する絶好のチャンスと言えるだろう」


「とにかく焦らずラリーに挑みたい。ドライバーズランキングを気にかける必要はまったくないんだからね。ひとつひとつのラリーに集中して全力を出すだけだよ」


AUTOSPORT web

「WRC」をもっと詳しく

「WRC」のニュース

BIGLOBE
トップへ