豪州SC:プレストン・ハイア、2018年型『ホールデン・コモドアZB』を初披露

1月13日(土)13時41分 AUTOSPORT web

 オーストラリアの人気ツーリングカー、VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーに参戦するプレストン・ハイア・レーシングは、2018年から新型にスイッチする『ホールデン・コモドアZB』のカラーリングを公開した。


 2016年後半からチームに加入したリー・ホールズワースの1台体制で戦ってきたCSレーシング(プレストン・ハイア・レーシング)は、他のホールデン陣営と同様に2018年シーズンからGen.2規定(Next-Gen規定)に基づいて製作された5ドアハッチバック(ファストバック)のニューマシンにスイッチ。


 この新型モデルの開発を進めているのは、2018年から正式にGMホールデンのワークスチーム指定を受けたレッドブル・レーシング・オーストラリア、トリプルエイト・レースエンジニアリングであり、パイプフレームとなるシャシー開発をすでに終え、シーズン前の3回のエアロテストもクリア。年明けから続々とチームへの供給が開始されている。


 ただし、エンジンに関してはGen.2規定で搭載可能なターボではなく、従来のキャリーオーバーとなる5リッターV8OHVを搭載して開幕を迎えることとなり、GMホールデンが現在開発中のV6直噴ターボはワイルドカード扱いとなり、Gen.2初年度の2018年はRBRAのみが数戦でテスト搭載するにとどまる。


 2017年シーズンをランキング16位で終えたホールズワースは、8度のトップ10を記録。ニューキャッスル戦では4位、6位と連続シングルフィニッシュを果たしている。


 2018年に向けてはトラックエンジニアを務めたクリス・スタッキーがニッサン・モータースポーツに移籍し、シモーナ・デ・シルベストロを担当することになったため、これまでデータエンジニアを務めていたスチュアート・マクドナルドが昇格。新たにコモドアZBのリーディング・エンジニアを務めることとなった。

プレストン・ハイア・レーシングが公開した、2018年型『ホールデン・コモドアZB』
2017年までの『ホールデン・コモドアVF』のカラースキームをほぼ踏襲


「チームとしては3年目を迎えるわけだけど、その他の主要メンバーは僕が加入した初年度からの顔見知りばかりで、継続性があるよ」とホールズワース。


「僕らは小さなチームだけれど、力強いバックアップをしてくれるサポーターやスポンサーに支えられていて、レースエンジニアに昇格した”スチュ”とともに強力なリザルトを残せると思っている」


「この2018年版のタフなカラーリングは気に入っているし、とくにZBになったファストバックのコモドアによく似合っていると思うよ」


 2015年末にウォーキンショー・レーシング(現・ウォーキンショー・アンドレッティ・ユナイテッド)から独立し、CSレーシングとしてスタートしたチームは2017年中盤に新たなファクトリーに移転。このオフは落ち着いた環境のもとで組織づくりと2018年への準備を進めてきた。


「この新しいコモドアZBのカラーリングを公開できてとても興奮しているし、素晴らしいルックスに仕上がっていると思う。引き続き強力なサポートを約束してくれた、プレストン・ハイアの名称を使用できることも喜ばしい」と語るのは、チーム創設者のチャーリー・シュワルコート。


「また、ヒノ・オーストラリアとサーフ・ライフ・セービング・クイーンズランドのふたつのパートナーを迎えられたことにも喜んでいる」


「リー・ホールズワースを中心に、チームは継続性を持った強固な基盤を築いている。開幕のアデレード500が今から待ち遠しいよ」

同チームのドライバーを務め、1台体制でエントリーするリー・ホールズワース
小規模チームながら、安定したチーム基盤を持つCSレーシング


AUTOSPORT web

2018年をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ