ミランが26歳MF獲得に動いているのは事実。トリノSDが明言「私たちは状況について話し合っている」

1月13日(水)8時45分 フットボールチャンネル

 ミランがトリノに所属する26歳のフランス人MFスアリオ・メイテの獲得に動いているのは事実であると、トリノのSD(スポーツ・ディレクター)を務めるダビデ・ヴァニャーティ氏が明かした。12日にイタリアの『RAIスポルト』が報じている。

 先日、ミランが買い取りオプション付きレンタルでメイテの獲得を考えていると海外メディアが伝えていた。移籍の噂が浮上する中、ヴァニャーティSDはメイテに関して「私たちは状況について話し合っている。今後数日間でどのように進展するかを見てみよう。メイテはミランが興味を持っている選手だ」と語り、交渉中であることを明言している。

 メイテはフランスのAJオセールの下部組織で育ち2011年にトップチームへ昇格。2013年にはリールへ完全移籍し、2016/17シーズンはベルギーのSVズルテ・ワレヘムへのレンタル移籍を経験した。

 2017年7月にモナコへ移り、2018年1月から半年間はボルドーへ期限付き移籍する。そして、2018年7月にトリノへ完全移籍すると、今季は公式戦16試合に出場し1得点1アシストを記録していた。ただ、移籍の噂が報じられてからはベンチ外の試合が続いており、メイテがミランへ移籍する可能性が高まっている。

フットボールチャンネル

「獲得」をもっと詳しく

「獲得」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ