移籍が報じられるウィリアンがチェルシー残留を示唆「未来はここにある」

1月13日(日)11時36分 サッカーキング

残留を示唆したウィリアン [写真]=Darren Walsh/Chelsea FC via Getty Images)

写真を拡大

 チェルシーのブラジル代表MFウィリアンが残留を示唆している。イギリス誌『FourFourTwo』が伝えている。

 ウィリアンを巡っては、昨夏の移籍市場で、バルセロナの関心が報じられ、移籍に近づいていると報じられていた。また、今冬もバルセロナが金銭とブラジル人FWマルコムというオファーを送ったが、チェルシーは交渉に応じていないようだ。

 ウィリアンは12日に行われたプレミアリーグ第22節ニューカッスル戦で先発出場。決勝点を決め、2−1での勝利に貢献した。試合後、インタビューに応じたウィリアンは、移籍の噂について次のようにコメントした。

「未来はチェルシーにある。僕も、世間でどんな話題がでているのか知らないんだ。ニュースをあまり見ないからね」

 チェルシーは30歳以上の選手については単年契約を原則としており、ウィリアンとの契約延長交渉もそれがネックとなっている模様。果たしてウィリアンはチェルシーで活躍を続けるのだろか。

 

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ