斎藤 横浜から川崎F移籍は苦渋の決断「恩をあだで返した…」

1月13日(土)7時8分 スポーツニッポン

横浜の元日本代表MF斎藤学

写真を拡大

 昨季のJリーグを制した川崎Fは12日、横浜から元日本代表MF斎藤学(27)を獲得したと発表した。

 斎藤は下部組織を含め18年間所属した横浜を通じ、「この移籍は恩をあだで返してしまうことになってしまいました」と苦渋の決断だったことを明かした上で「僕はこの移籍を挑戦と捉えています。より難しいチャレンジをしたいという思いが決断を後押ししました」とコメント。川崎Fを通じては「まずはしっかりケガを治して、最高のプレーができるように頑張ります」と新天地でのさらなる飛躍を誓った。

 斎藤は昨年9月に右膝前十字じん帯を損傷。全治8カ月と診断され、手術後の現在もリハビリ中。だが斎藤の加入により川崎Fの攻撃陣は、かつてない強力布陣が形成されることになる。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

川崎をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ