童夢製F4シャシーをベースにした新ジュニアEV『ERAチャンピオンシップ』発足へ

1月14日(火)15時47分 AUTOSPORT web

 2019年3月に構想が発表された新たな電動シングルシーター選手権の『ERAエレクトリックレーシング・アカデミー・チャンピオンシップ(Electric Racing Academy Championship)』は、電動モータースポーツの世界におけるジュニア・シングルシーター・シリーズを目指すと宣言。2020年後半にもイギリス、ベルギー、オランダで全4戦の開催を計画している。


 F4規定となる童夢製のF110シャシーをベースに“Mitsu-Bachi(ミツバチ)F110e”と名付けられたワンメイクシャシーを採用するERAチャンピオンシップは、低コストによる参戦の容易さというアクセシビリティに重点を置くという。


 その新EVフォーミュラ選手権の技術面と商業面のディレクターを務めるディーター・ヴァンスウィンホーベンは、ABBフォーミュラE選手権以下のラダーフレームとなるEVステップアップ・カテゴリーの役割と、コスト管理が主なふたつの目標であると選手権の狙いを説明する。


「電動モータースポーツの世界において、フォーミュラE以外のシングルシーターは今もって存在していない。今この時点で、その空白地帯にこそ我々がモータースポーツ界で補完できる大いなるギャップがあるんだ」と語るヴァンスウィンホーベン。


「多くの若手ドライバーがフォーミュラEとその将来性を見込んで、電動モータースポーツのシリーズを探しているが、シングルシーターでの経験に固執したいのであれば、フォーミュラEに昇格するまでは内燃機関のカテゴリーで腕を磨くしかないのが現状だ」


「我々こそが“フォーミュラEへのフィーダー・シリーズだ”などと公式に言うつもりはないが、そこには明らかに大きな空白があるのも事実で、だからこそ価値があるとも思っている」


 ERAチャンピオンシップの標準的なスポーツ・クラスの年間エントリー費用は、約10万ユーロ(約1200万円)を見込んでおり、チーム単位で特定のパワートレイン領域を開発可能とするイノベーション・クラスでは約7万ユーロ(約850万円)が想定されている。


「いずれの場合にせよ、初年度を終えれば各ドライバーやチームはマシンを所有することになるので、セカンドシーズンはそれよりも明らかに廉価なコストでシリーズを戦うことが可能になる」と続けるヴァンスウィンホーベン。

ERAチャンピオンシップは、低コストによる参戦の容易さを主軸に、EVシングルシーターのステップアップカテゴリーを狙う
F4規定となる童夢製のF110シャシーをベースに”Mitsu-Bachi(ミツバチ)F110e”と名付けられたワンメイクシャシーを採用する


「我々は、安価であることを是とするF4の側に近い立ち位置にいる。よく耳にするように、近年はモータースポーツへの参戦費用がますます高騰し、実際に参入できる人々の数が限られてしまっている現実がある」


「この種の問題は、我々にとっても重要な観点であり、エントリーシリーズにとっての生命線でもある。多くの人々を電気自動車の世界に連れて行きたいなら、まず手頃な価格で提供することが何よりも重要なんだ」


「例えばイノベーション・クラスでも、フォーミュラEの規模感では実現不可能だと判断していた中小企業や大学などの研究機関が連携して、フォーミュラEに参戦する大手企業のOEMではない、独自技術のテクロジーが見られるかもしれないんだ」


 その思想はチームの体制やドライバーのバックグラウンドにも持ち込まれ、EVテクノロジーや一般的なシングルシーター・チームなど、自動車関連事業に従事する人々だけではなく、さまざまなバックグランドを持つ企業にアプローチすることも可能となる。


「我々としても大学などの機関がイノベーション・クラスに参加することを望んでいるが、現時点ではモータースポーツへの関与を持ったことがない中小企業を中心に提携しているところだ」と説明するヴァンスウィンホーベン。


「そのほかにも、すでにF3やF4で実績を残してきたレーシングチームが、プロジェクトの一部にEVシングルシーターでの活動を検討する、というケースも将来的に目にすることになるだろう。同時に、F3やF4と並行して参戦するドライバーや、フォーミュラ・フォードを戦っているが、F4に昇格する予算がない、というドライバーにも活用できるはずだ」


「これは彼らにとっても、将来的な才能を示す機会を提供する場になるだろうし、とくにシーズン1では我々だけがジュニアEVシングルシーターのシリーズとして選手権を開催することになり、それなりの注目度を集めることもできるだろう。そこで他の誰よりも優れた結果を出せば、かなりの数の人の目に触れることにもつながるだろうね」


 ERAチャンピオンシップの2020年のシーズン1カレンダーの策定は最終段階に入っており、この1月後半にはベルギーのゾルダーでトラック上でのデモンストレーションが開催される予定だ。

170PS(130kW)を発生するモーターと、24kWhのバッテリーを搭載。最高速は190km/hとされる
チーム単位で特定のパワートレイン領域を開発可能とするイノベーション・クラスとスポーツ・クラスを設定する


AUTOSPORT web

「ジュニア」をもっと詳しく

「ジュニア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ