ロナウジーニョ、ブラジルでプレー再開も? 代理人がコリチーバとの接触認める

1月14日(土)20時43分 フットボールチャンネル

 元ブラジル代表エースのロナウジーニョは、再びブラジルのトップリーグでプレーすることになるのかもしれない。代理人を務める兄が、コリチーバとの接触を認めている。

 かつてバルセロナやブラジル代表などで活躍したロナウジーニョは現在36歳。2015年9月にフルミネンセを退団して以来、1年以上本格的なプレーからは離れているものの、現役続行への意欲は見せ続けている。

 そのロナウジーニョに対し、ブラジル1部のクラブであるコリチーバが誘いをかけているようだ。12日付のブラジルメディア『グローボエスポルチ』は、ロナウジーニョの代理人を務める兄のアシス氏がコリチーバとの接触を認めたことを伝えている。

「コリチーバからの提案を聞くため、来週会うことを予定している。どこで会うのかもまだ分からないが、クラブが何を言うかを聞いてみよう」とアシス氏は語った。

 コリチーバでは、ロナウジーニョとバルセロナやブラジル代表でチームメートだった元DFのベレッチ氏が国際エグゼクティブ・ディレクターを務めている。クラブ副会長はそのベレッチ氏がロナウジーニョの獲得を試みて誘いをかけていることを認めている。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ブラジルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ