BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「野心的で思慮分別ある選手なら20代半ばで中国へは行かない」。ドルトCEOが語る

フットボールチャンネル1月14日(土)8時2分
画像:「野心的で思慮分別ある選手なら20代半ばで中国へは行かない」。ドルトCEOが語る
写真を拡大

 ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、移籍市場で大物スター選手を買い集めていることが話題となっている中国スーパーリーグのクラブが、本当に世界トップクラスの選手を獲得することはできないという考えを述べた。独紙『ビルト』のインタビューに語っている。

 この冬の移籍市場ではすでに、FWカルロス・テベスやMFオスカル、MFアクセル・ヴィツェル、MFジョン・オビ・ミケルらの選手たちが新たに中国へ移籍することが決まった。中国行きを選ぶスター選手の数はさらに増えそうな勢いだ。

 ドルトムントでは、FWピエール=エメリク・オーバメヤンに中国クラブが巨額のオファーを準備しているとも報じられていたが、クラブはこれを否定している。ドルトムントのエースとして今まさに活躍を見せているオーバメヤンのような選手が中国へ行くことはないとヴァツケCEOは考えているようだ。

「それはない。テベスもキャリアの終盤を迎えている選手だ。極度に野心的で思慮分別のある選手であれば、まだ限界に達していない20代半ばのうちに中国へ行くことは想像できない」とヴァツケCEOは語った。

 中国に限らず、一般的に選手の移籍金が高騰している状況に対してヴァツケCEOは警鐘も鳴らしている。「もちろん、これ以上上がりすぎないよう注意しなければならない。さもなくばバブルは弾けてしまう」

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「野心的で思慮分別ある選手なら20代半ばで中国へは行かない」。ドルトCEOが語る」の関連ニュース

注目ニュース
稀勢の里は左上腕筋損傷=春巡業は当面休場へ—大相撲 時事通信3月29日(水)12時31分
大相撲春場所の13日目の取組で負傷した横綱稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が、「左上腕部の筋損傷で加療1カ月」と診…[ 記事全文 ]
妊活宣言の福原愛さん妊娠か?台湾メディアが一斉に報じる Record China3月29日(水)11時50分
2017年3月28日、卓球女子の福原愛さんが妊娠したのではないかと、台湾メディアが一斉に報じている。自由時報が伝えた。[ 記事全文 ]
王貞治を激怒させた「開幕投手・園川事件」 本人が振り返る NEWSポストセブン3月28日(火)16時0分
プロ野球の長いシーズンで特別な意味を持つのが「開幕投手」。しかし、1996年の開幕戦で、開幕投手を巡って“世界の王”が激怒するという事件が…[ 記事全文 ]
ムネリン カブス解雇された OP戦メンバーから急きょ外れ… スポーツニッポン3月29日(水)7時8分
カブスは28日(日本時間29日)、マイナー契約で招待選手としてメジャーキャンプに参加していた川崎宗則内野手(35)の解雇を発表した。[ 記事全文 ]
熊本でオールスターゲーム=プロ野球 時事通信3月29日(水)13時1分
日本野球機構は29日、2018年のプロ野球マイナビオールスターゲーム第2戦を来年7月に熊本県の藤崎台県営野球場で開催すると発表した。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア